渓流 フィールドレポート

野薔薇咲く利根川~利根サクラマス

大型連休が終わり、いよいよ利根川のサクラマスのシーズンとなりました。連日、朝夕と釣り人が絶えない利根川。毎日、水位と月齢を確認して、満月の前後や水位の変動が、週1日の休みに当たらないか!?と期待して日々を過ごし、今週も利根川で竿を出してきました。

水位は増水気味で、月齢は自分の経験から考えると…良いかも!?

遡上魚の行動を「鮎の遡上」論文で知識として、利根川河口から前橋市まで約200km、下流の釣果情報、鮎を追い掛けて遡上するので鮎の情報、と色々を照らし合わせ場所を割り出しての釣行です。

利根川前橋地区のサクラマスは40~50cm前後が多く、稀に60cmクラスが出ることもあり、今回の狙いは50cmオーバーです。水量が多く流れが強く、60cmを超える虹鱒や80cmクラスの鯉等も釣れますから、今回は思いきって、いつもよりワンランク上の仕掛けで挑みました。狙いはサクラマスですが、これだけ水が多いと何が釣れても楽しい釣りになります。

本命ポイントに行くと、1人先行者が入っていました。お辞儀をして下流側に入れさせてもらい、一振り目。いきなりアタリがきましたがハリが外れ、その勢いで根掛かりしてしまいました。焦らず一息ついてから餌を付け替えて振り込みます。

先週はニセアカシアの香りが漂っていましたが、河川敷のそこかしこで野薔薇の白い花が咲き乱れて、良い香りが風に乗ってひろがっています。

徐々に下流に移動しながら、20分程で目印に違和感が…。直ぐに軽いアタリが出ますが咥えません。餌を付け替えて同じ流れに流し、送り込む直前で突然大型のアタリが!

アワセを入れると流芯に突っ込んで行きます。水深2m以上の芯の流れの際で掛かったので竿が一気に曲がります。魚は下流から反転して上流に。上流を大きく回り素早く下流に突っ込みます、徐々に岸際に誘導してタモに入れました。川鵜に突かれた傷が痛々しい魚体ですが利根川のサクラマスです。

実はレポートを書くのをやめようと思ったのですが、この傷だらけの利根サクラマスの「力強さ、命の尊さ」を伝えたいのでレポートにしました。



又寸45cm 全長46cm

約200kmを泳ぎ、途中で天敵に襲われ、傷を負いながら遡上してきた利根サクラマス。生命力が掌に伝わり「本当によく来たね!」と思う気持ちでした。ダメージを最小限にと思い、写真を少しだけ撮り、子孫がまた利根川を遡上して来るようにと直ぐにリリースしました。素晴らしい魚です。

その後、お昼まで竿を振り、35cm程の虹鱒を追加して本日は終わりにしました。

今日のサクラマスを手にして命の尊さを改めて痛感した次第です。


[ 利根川の仕掛け]

竿:  SHIMANO Super Game Monster Special ZT HHH83-90

道糸: VARIVAS プロステージ 本流 エクストリーム[フロロカーボン]2号 9m

ハリス:VARIVAS プロステージ 本流 エクストリーム[フロロカーボン]1.5号 35cm

目印: VARIVAS みえる目印 オレンジ×1、グリーン×2

オモリ:割りビシ特大
    ※シリコンチューブでラインをガード。(利根川)
    ※道糸とハリスの間にサルカンを使用。結びは共にクリンチノット。

ハリ: VARIVAS パワーサーモン 5号(利根川)

餌:  ミミズ太3匹(1匹は通し、もう2匹はチョン掛け)

< 渓流 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ