ワカサギ 澤口 信

花山湖 ワカサギ釣行レポート No.2

皆さんこんにちは。
フィールドテスター澤口です。

前回釣行から約二週間後の11/29に花山湖ドーム船に行ってきました。
今回は、前回のパターンとマッチングした仕掛けと釣り分けを生かした釣りとなりました。

二日前に友人が花山湖今季レコードを叩き出し、それに続けと頑張ってきました。

今回のスタートの穂先は
公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]-桧原MAX319 燻銀LTD.-に、80mmの公魚工房 ワークスリミテッド 穂先延長アダプターをセット。
仕掛けは、ワカサギ仕掛け 岩洞湖 黄玉 七本鈎ワカサギ仕掛け 極細二段誘い 七本鈎 白紅(びゃっこう)
錘はワカサギ専用 四面オモリ[スイベルジョイント]カラーパック 7gを使用。


魚探の反応は中層と底に反応があり。
準備中から中層に大きな群れが入ってきていました。
中層に仕掛けを合わせると即ヒット!
魚探の反応が良いので連掛けを狙ってみると思い通り7点掛け。


今回は群れの大きさに合わせて連掛けを狙うかを判断しました。
底にも反応があり狙ってみると大きなワカサギが釣れてきました。
だいぶ底の濁りも取れてきたようです。

12時くらいで270匹
午後からの群れに期待しました。
群れが少なくても一匹一匹を丁寧に釣り釣果を伸ばしていると、期待通り午後からの群れも入ってきました。

そこから粘って
15:40 705匹
花山湖今季レコードを更新しました。

桧原MAX319は連掛けもしやすい穂先となっています。
80mmの延長アダプターのおかげでコンパクトに合わせることもでき、確実に釣り上げることができました。

そして、12月より予定通りドーム船が一機増え三艘となりました。
爆釣中の花山湖、皆さんも連掛けに挑戦してみてください。

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。