ワカサギ 澤口 信

花山湖 ワカサギ釣行レポート

皆さんこんにちは。
フィールドテスター澤口です。

11月になり各地でワカサギ釣りが解禁となっているなか、解禁から5日経った宮城県栗原市にある花山湖のドーム船に行ってきました。

この花山湖のドーム船は宮城県初のワカサギフィールドで、2月にプレオープン、11月11日に正式にオープンしました。
今シーズンはドーム船も一船増やし収容人数も倍となりましたし、更に一船増やすそうです。
ドーム船の利用時間は8:00~16:00
受付は道の駅「はなやま 自然薯の館」で行い、そこから車での移動となります。
駐車場からは徒歩で10分弱です。
ドーム船は指定釣り座となっていて、受付時に貰う乗船証に指定釣り座が書いてあります。

事前情報では、濁りが有るが釣果は安定しているとのことです。

スタートの穂先は公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]VAR-MAX299
50mmの公魚工房 ワークスリミテッド 穂先延長アダプターをセット。
仕掛けは、ワカサギ仕掛け 桧原V-spec 7本鈎[極細フロロ]ワカサギ仕掛け 岩洞湖 深場三段誘い 七本鈎
錘はワカサギ専用 四面オモリ[スイベルジョイント]カラーパック 7gを使用。

魚探の反応は中層と底に反応があり。
しかし、いくら誘っても底では反応がありませんでした。
そこで中層を狙ってみるとすぐにアタリがありました。

群れは大きく連掛けを狙ってみると4匹5匹と成功しました。
時には2m~3mにも群れが入り、手返し勝負で釣果を伸ばしました。

太陽が上がり、日中は群れの入りが悪く、通過型のワカサギをいかに釣るかでした。
そこで穂先を公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]-桧原MAX319 燻銀LTD.-
80mmの延長アダプターをセットし、
仕掛けも岩洞湖 深場三段誘い 七本鈎からワカサギ仕掛け 岩洞湖 黄玉 七本鈎に変更。

変更の効果がすぐに現れました。
少ない群れが魚探に映ったと同時にアタリがあり釣れました。

延長することにより手感がアップし、誘い中のアタリも取ることが可能です。

その後も拾い釣りになりましたが最終まで釣れました。


釣果は206匹
取材されながらの釣行でしたがたくさん釣れました。
今シーズンのワカサギのサイズは大きくなり引きも楽しめます。
これから濁りが落ち着いたら爆釣に期待したいと思います。

週末の予約は満員のようですが平日は空いているようです。
皆さんも是非、花山湖ドーム船に挑戦してみてください。

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。