ソルトルアー 小塚 拓矢

地元・富山湾でアカムツ釣行!

こんにちは。“怪魚ハンター”の小塚です!
今日はSLJ(スーパーライトジギング)のNEWターゲット!?
地元・富山湾での、さぁやチャンとのアカムツ釣行をレポートします。


事の始まりは、サンライズの田代船長&さぁやチャンとの玄界灘釣行
(初日は負けましたが)2日目はTGジグで、SLJでの5匹早駆け対決に勝利!

さぁや「はやー! 小塚さんって、怪魚以外にSLJもやるんですか?」
僕「むしろ超好きな釣りだよ(笑)。地元の富山で、アカムツとか釣ってる!」
さぁや「えぇー?アカムツって、SLJで釣れるんですか!?300〜400mとか、中深海じゃなくて!?」
僕「富山湾のアカムツは、タナが浅いんだよね。120m前後くらい。スピニングでも大丈夫だよ」
さぁや「アカムツ、太平洋側で3連続ボウズだったり……近いうち絶対、富山行きます!」

そんなこんなで玄界灘釣行から2週間後、
さぁやチャンが富山に遊びにやってきたのです(早っ!笑)

僕の地元の富山湾は、日本海側では最も深い湾。
太平洋側と比較しても水温がかなり低く(200mで2℃とか)、
深海生物が比較的浅い水深で見られる不思議な海です。

『富山 アカムツ ジギング』とWEB検索しても何もヒットしなかった時代、
そこに“怪魚”と同じ開拓の楽しさ、冒険性を感じ、ジグでの試行錯誤をスタート!
今のところ、自己記録は上写真の43cmです。
太平洋側の中深海と比較すれば小粒かもしれませんが、タックルにご注目。
小さなジグ(タングステン製30〜60g)とスピニングタックル……
今でいう“SLJ”スタイルでのアカムツ釣りが確立したのでした。

(タックルはモーリスグラファイトワークスの別注「NUDE:ND-53/510」
アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8(0.2号)」の組み合わせでした)

……前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ本題。さぁやチャンと富山湾へ。
さぁやチャンは正統派SLJスタイルで、
自分は我流SLJ、最近のマイブームの渓流ベイトタックルに、TGジグで狙います。
イカのエサ釣りでは感度特化の超短竿を見かけますが、
個人的には、SLJでもこういう方向性はアリかな〜なんて。

朝6時出船、水深110m、ジグは80gからスタート。
開始早々、さぁやチャンに本命がヒット!
数度しゃくり、ボトムから3mほど浮かせてのステイで「コココッ!」

流石はSLJのパイオニア、一度パターンを見つければ、同船メンバーとダブルヒットも。
一方、自分のTGジグにはこの日はさっぱり音沙汰なし。

さぁやチャンは定番「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」に加え、
新作「アバニ オーシャンワークス SLJ ベアクロー」などもテスト。
懐が広くバレにくいフック形状の「アバニ オーシャンワークス SLJ ベアクロー」、
口が柔らかく、バレやすいアカムツにも良さそうです。

朝9時、一時マリーナへ撤退。潮が動き出す時間まで休憩です。
マリーナからポイントまで10分。急深の富山湾ならではの光景でしょうか?

潮が動き出したタイミングで再出船、
最後はスピニングタックルでのダブルヒットで締めくくり。
富山湾らしい“SLJアカムツ”、楽しんでもらえたかなと!

参考までにこの日、比較の意味でもTGジグで通した自分にはタチウオだけでした。
同重量のジグで比較すれば、鉛ジグよりTGジグが効く日が多いんだけどな。
アカムツに関してだけ言えば、隣にアピール力のある大きなジグがあれば、そっちに行くのかも?
他地域からゲストを迎えての釣りは、いつもの釣りに新発見が多く見つかり、楽しかったです。

イサキで火がついたSLJという新ジャンル。
今回の富山湾アカムツのように、
皆さんの地元にも新しい釣りが眠っているかもしれませんよ!


当日の使用タックル。上が僕で、下2本がさぁやチャン。上から順に。

<小塚/ベイトタックル>
ロッド:MonsterKiss MV-45(プロト)
リール:SHIMANO カルカッタコンクエストBFS HG LEFT
ライン:アバニ SLJ マックスパワーPE X8 0.4号/200m
リーダー:ショックリーダー [フロロカーボン12lb/1ヒロ
ジグ:メジャークラフト ジグパラTG(30〜60g)
フック:アバニ オーシャンワークス SLJ ベアクロー #1/0 フロント用1cm

<さぁやチャン/ベイトタックル>
ロッド:BLAUSEA SLJ6’5 OS
リール:SHIMANO STELLA C3000MHG
ライン:アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 0.8号
リーダー:シーバス ショックリーダー [フロロカーボン]16lb
ジグ:ベビージグレイ65g(ゴールドエッジグロー)
フック:アバニ オーシャンワークス SLJ ベアクロー #2/0

<さぁやチャン/スピニングタックル>
ロッド:beat Subtle S65UL
リール: SHIMANO オシアコンクエスト リミテッド 300HG
ライン:アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 0.8号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]16lb
ジグ:beat Vスケール 80g(レッドゴールド)
フック:アバニ オーシャンワークス SLJ ベアクロー #2/0