ソルトルアー 横島 敏弘

バリバスタックルで楽しむ夏のライトゲーム

皆さんこんにちは、バリバスフィールドテスター横島です。

夏といえばアングラーそれぞれに思い思いのターゲットがあるでしょう。
ソルトウォーターではシイラ、カツオ、マグロといったキャスティングゲームが人気でどこの海域でも多くのアングラーが訪れ熱い夏を楽しんでいることでしょう。
そんなソルトウォーターゲームの中で毎年私が楽しんでいるのがライトタックルゲームで狙うマゴチゲームです。

私の住む東京では、古くから伝わる伝統釣法としてサイマキエビを使用した釣りがありますが、私の場合はジグヘッドリグを使用してソフトルアーで狙うゲームを楽しんでいます。

今回訪れた場所は茨城県の鹿嶋。
この鹿嶋沖は数年前からルアー専門でマゴチ狙いの船が出船していて乗合船、仕立て船と好みに応じて船を選ぶことができます。

釣り方はルアーを船からキャストし、ボトムをスイミングパターンやボトムバンピング等で狙うもの。ヒットパターンは様々でその日のパターンとカラーを早く見つけることが攻略のキーポイントとなります。
マゴチはボトムに張り付き頭上を通過する獲物を待ち伏せして襲い掛かる習性があるので、リトリーブパターンで狙う時はボトムとルアーの距離感の把握が重要なファクターとなります。ルアーが浮き上がり過ぎるとマゴチが視認し難くなるのでヒットが少なくなってしまいます。
そこで私はVARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8を使用しています。このラインは10m毎にカラーリングされているので自分の手元からルアーまでの距離を把握しやすく、ルアーにアクションを付けるのに非常に便利なアイテムとなっています。
マゴチの活性が高い時はバイトと同時にフッキングさせ、喰い渋りの状況下ではラインを送り込んで喰い込ませてからフッキングに持ち込みますがワームを飲まれてしまうこともあります。太いリーダーを使用すればラインブレイクは防げますが、リーダーはできる限り細くした方がヒット率が上がるので、私はVARIVAS ショックリーダー[フロロカーボン]10lb〜12lbを使用しています。このリーダーはライトラインでも耐摩耗性能に長けているので信頼して使用しています。このリーダーにVARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 0.6号を標準にロッドはヴィオレンテ VLJ-64L-T-Lv.0のセットでマゴチゲームを楽しんでいます。

先日の釣行時は夏休み中ということで私の息子を連れていったのですが、バリバスタックルのお陰で初挑戦の息子もマゴチをキャッチ。オマケに小型ながらヒラメもキャッチして大満足の釣行となりました。


まだまだ楽しめるマゴチゲーム。
皆さんもバリバスタックルを手にフィールドに出掛けてみてはいかがでしょうか?