ソルトルアー スタッフ 杉浦

念願の玄界灘ヒラマサに挑戦!

こんにちは! モーリス九州スタッフの杉浦です。

今回は念願であった玄界灘のヒラマサキャスティングゲームに挑んできました。関東でも外房のヒラマサが有名ですが、玄界灘はヒラマサキャスティングゲーム発祥の地。まさに聖地であり、30キロクラスも夢ではありません! まずは目標の15キロを目指して、出船です!


お世話になった遊漁船は博多の武蔵丸さん。出船場所は博多天神、中州から車で15分とアクセス抜群。
船長の宮本さんも当然、大の釣り好き。

ご自身のヒラマサの記録はなんと!39.5キロ!
想像できますか? とんでもない大物です!

数々の大マサをお客様に釣らせる宮本船長。とても楽しみです!

立ち並ぶビルと首都高の灯りがとても都会的な港を出港し、いざ玄界灘へ!

最初のポイントまで1時間ほど船を走らせます。

今日のアングラーは唐津市在住のVARIVASフィールドテスターの深瀬さん。そして深瀬さんのお友達、野口さん、ジュンちゃん、田口さんに天草の番長ウッキー船長と賑やかなメンバー!

移動の間は田口さんが初ヒラマサを釣って泣いた話で盛り上がり、最初から最後まで笑いっぱなしでした。

ポイントへ着くと海は荒れ気味。
船は揺れてキャストし難い状況です。

しかし、『ヒラマサは荒れている時ほど良い!』ので、期待でキャストにも熱が入ります。

今日のセッティングは、14000番のリールにアバニ キャスティングPE SMPの6号を300m巻き、リーダーはオーシャンレコードショックリーダー 140LB.。大型のヒラマサが多いのでPE 8号が理想的ですが、キャスティングに慣れていないため6号で飛距離を出すことを優先しました。そして、このライン! リールに巻き取る前に、PEにシュッ! プロ仕様を吹き付け、さらに滑りを良くしているのでプラグが良く飛びますし、エアノットやガイド絡みのトラブルが本当に少ない! これは必ず施していただきたい処理です。

玄界灘の大海原で船の揺れに耐えながら、みな頑張ってキャストし続けますが、なかなか魚が水面を割りません。海面は波立っていて、今にも大型のヒラマサが飛び出しそうですが…
『あ!チェイスしてた!』と深瀬テスターが叫ぶも、その後が続かず、なかなか渋い状況。前夜の雨が何らかの影響を与えているのでしょうか。

いくつかポイントを移動しキャストしていると、またしてもチェイスが! 船の後方で宮本船長が『ちょっと投げてみるね』と言ってキャストしたら、なんとヒット!! さすがですね!

上がってきたのは5~6キロのヒラマサ。すぐにフックを外してリリースしました。

ヒラマサがいるのは確実! あとはいかに食わせるか。
その後も、みんなのルアーに反応はありますが、なかなか食い切りません。

そんな中、たぐっちーにヒット! ロッドが大きく曲がります!

『やったね!がんばれ!』と声をかけたとたんに、ロッドから生命感が消えてしまいました。どうやらリーダーとPEのノット部分に問題があったようです。これは他人事ではないと自分のノットもチェックしたところ、激しいキャストを繰り返しているのでFGノットのハーフヒッチ部分が少しほつれていました。編込み時の締め込みが甘かったようです。

帰ったら、もう一度『田代流FGノット』の動画を観て練習しよう…

その後、チェイスが見られなくなり、潮も止まってきたので、潮が動き出すまで気分転換。最近、人気のあるSLJ(スーパーライトジギング)を楽しむことに。前方ではキャスティングする人、後方はSLJをする人とそれぞれが楽しみます。

『きたーっ!』
うそ?もうヒットですか?

ライトジグを落としていたじゅんちゃんに一投目からヒットです!
まずはアカハタ。

これは良く釣れて、型もいい。
食べて美味しい魚です。

そして次は野口さんのロッドが曲がりました!

その曲がりから大物の予感が!
ラインはなんとトラウト用PEライン、アドバンス ダブルクロス 0.6号!
耐えられるか?

上がってきました!
グッドサイズのアラです!
これも美味しそう!

『私もジギングしたい!』とウッキー船長もジグを落とします。
すると…いきなりヒット! これも大物か!?
ラインがどんどん出されていき、ロッドが大きく曲がります!
『もしかして…』
何度がやられそうなほどの走りがありましたが、それに耐えて上がってきたのは、予想通りのヒラマサ!
本命であるようなないような(笑)
本人も『複雑な気持ちです』とコメント。

このように息抜きでやるSLJは様々な魚たちが釣れてとっても楽しいです!


ぜひ、タックルを用意していきましょう。

さて、潮も動き出しヒラマサトップの気配が高まってきました。
また全員ヒラマサキャスティングモードです。

突然、深瀬テスターが『あ!出た!乗らない~、あ!乗った!』と叫び、ロッドを大きく曲げています。そのファイトからも大物の予感。浅瀬での釣りなのでフルドラグ!

エキスパートの深瀬テスターだからできるファイト!! 見ているこちらも興奮します!

『きつい~!』
『かなりいいサイズでしょ!?』

船上の全員がワクワクしながら水面に注目です!

『見えた!いいサイズ!か?』
『ルアーがお腹に掛かってる…』

10キロクラスのヒラマサのエラの後ろ辺りにルアーがフッキング。
『このサイズでもここに掛かっていたらしんどいです(苦笑)』

しかし、立派なヒラマサです!
ラインはアバニ キャスティングPE Si-Xの8号に、オーシャンレコードショックリーダー 170LB.。40キロクラスを視野に入れた、大物仕様です。原糸1本1本に特殊樹脂コーティングを施してから8本に組んでいるため、耐熱性が非常に高く、大物とのファイトによるラインの消耗を大幅に軽減するSi-X。マグロキャスティングゲームでは定番ですが、ここ玄界灘でも40キロクラスを視野に入れた大物狙いのアングラーに支持されています。

このヒラマサはダメージがあり、残念ながらリリースは厳しいと判断しキープしました。

その後もチェイスは見られ、ウッキー船長のルアーにも魚が出たのですが乗らず、もどかしい時間が過ぎていく中…

『きたー!』
またまた深瀬テスターです!

流石ですね。食い気の低い魚をバイトさせる食わせのテクニック。そして、重要となるルアーの選択。これがマッチしてヒットに繋がるのですね。

そしてあがってきたのはブリ! 玄界灘は本当に魚種が豊富ですね!

その後、大分日が傾き、ストップフィッシング間近になった頃、ついに僕にも待望のチェイスが! ルアーの周りの水面が乱れ『来た!』と、ロッドが重くなるのを期待したら…

コツン!

『え?コツン?』

『乗った?乗らない?』と船長。
『コツンて感触だけです』

『え~!良い出かたしたのになぁ!いいサイズだったよ!』と船長。
みよしの高いところから見ていた深瀬テスターも
『杉さんの今のやつ、いいヒラマサでしたよ~!惜しい!』
と言います。

『ううっ!一日投げ続けて、やっと訪れたチャンスだったのになぁ!残念!』

その後もチェイスは見られるのですが、ヒットまでは至らずストップフィッシングとなりました。あのチェイスで乗らなかったのは、ルアーのアクション、浮力、ストロークの長さ、スピード…何かが噛み合わず、食い切らなかったのでしょう。残念でしたが、いろいろ勉強になり、一日中投げ倒せて楽しく幸せな時間でした。

12月に入ってからも玄界灘のヒラマサは好調のようです! SNSでは多くの釣果が報告され、福岡のアングラーがご自身のメモリアルフィッシュ、29.56キロのヒラマサをアバニ キャスティングPE Si-Xで釣りあげられました!
まだまだ5月ごろまでヒラマサのシーズンは続きます。皆様もぜひ、玄界灘のヒラマサに挑戦してみてはいかがでしょうか!