ソルトルアー 村本 英信

敦賀沖のタルイカジギング

近年、タルイカジギングが確立されてきていて、人気が出てきて予約が取れにくくなってきているが、今年もタルイカシーズンに突入して2回目の釣行。

昨年は数年に1度の大爆釣だったが、今年の傾向として、シーズン前半は確率こそ低いが大型が上がっている状況。比較的予約の取りやすい平日狙いで、リフレッシュ休暇を使って木曜日、金曜日の平日2連続で敦賀の竹宝丸でのタルイカ釣行に。

タルイカジギングはタルイカ専用のジグをフォールでは5~10m刻みで止め誘い、水深100m前後からワンピッチのゆっくりで誘い上げる。水深100mから20mのタナを意識しての釣りだけに、VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8が使いやすい。

タルイカは大きい図体に似合わずアタリが小さく、それを感じたら即フッキング。でないとすぐにジグを放してしまう。釣行1日目は波も多少あり活性も良かったが、今年の傾向と違い、小型中型のタルイカがヒット。

船中11名でツガイ×3回の6パイ。うち1パイが僕で、今年もタルイカの顔が見られて安堵したのはここだけの話(笑)

青物並みに引くタルイカのファイトは本当に楽しい。
ただ、ランディング時の墨シャワーはハハハと笑うしかないですよ(笑)

タルイカはツガイで当たることが多いため、1杯目のヒットがあると、周りにヒットする確率が格段にUP。ヒット中のタナに確実に合わせ、レンジに同調できると2杯目のヒットにつながりやすい。その場合、カウンター付きリールか、10色のPEライン ジギング10×10 マックスパワーPE X8が断然有利になる。

また、シャクリの後のステイで10~30秒程じっと待つのだが、イカ釣り電灯で明るく照らされているので、グリーンカラーが潮色に馴染むハードトップ 船ハリスをリーダーに使用する方が目立たなくて良い感じ。ライン保護のためにPEにシュッ! は、お忘れなく♪

2日目はベタ凪で船中7名に1パイだけ。

僕はアオイガイすくいしていました(笑)

終了間際にデカイサイズのタルイカ(15kg前後)のツガイが浮き、その後タルイカらしきアタリはあったのですが、アワセが間に合わず、乗らずじまいでした。

[タックルデータ]
ロッド:ライトジギングロッドか専用ロッド(ベイト・スピニング共)
リール:PEラインが2号300m巻けるジギング用リール(ベイト・スピニング共)
ライン:VARIVAS アバニ ジギング 10×10 マックスパワーPE X8 2号 300m
リーダー:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 10号
ジグ:タルブリッド 180g等