ソルトルアー フィールドレポート

四国 徳島 キジハタ(アコウ)ソルトクランキング

フィールドテスターの乃村弘栄です。先日VARIVAS TVで公開された”"沖縄ソルトクランキングゲーム!”はご覧いただけましたでしょうか? まだの方は是非こちらを観てやってください。

【前編】南国フィッシュ連発 沖縄ソルトクランキングゲーム! HIDEUP乃村弘栄 × フィッシングギャング宮城梓 VARIVASコラボ釣行!
【後編】出るかビッグワン!? 沖縄ソルトクランキングゲーム! HIDEUP乃村弘栄 × フィッシングギャング宮城梓 VARIVASコラボ釣行!


多種多彩な魚種が登場した沖縄本島でのソルトクランキング動画。海でクランクベイトを引くことをソルトクランキングと呼んでいるのだが、現在四国でキジハタ(アコウ)がソルトクランキングで連日好釣果をあげているのをご存知でしょうか? アベレージが40センチ。50UPも連日釣れているとの情報にいてもたってもいられず釣果があがっている四国の徳島に向かいました。

結果を出してる知人に案内してもらい釣りの開始。ポイントは磯場等ではなく誰でも簡単にエントリーできる足場の良い漁港。堤防の際にゴロタが敷いてあるらしく、餌を求めて浅瀬にくる個体が狙いだそう。連日好釣果というだけあって結果はすぐだった。


知人の仲間が釣りあげたコンディションの良い40UPのキジハタ(アコウ)。


続いてはカサゴ(ガシラ)ワームで釣るのが一般的な魚が次々とクランクベイトを襲ってくる。

そして案内してくれた知人にもHIT。


こちらは45UPのキジハタ(アコウ)。

岸からこのサイズのキジハタ(アコウ)がコンスタントに釣れることに素直に驚いた。

私も釣ってみたいとひたすらに頑張ったのだが、帰らなければならない時間となってしまい無念のタイムアップ…。残念ながら私はクランクベイトで釣果を出すことができなかったが、沖縄本島同様に海でのクランクベイトの有効性を感じることができた。ワームで狙うのが一般的なキジハタ(アコウ)だがポイントによっては根が粗すぎて頻繁に根掛かりしてしまう。実際に今回の釣りをしたポイントはまさにそうだった。高浮力が売りのクランクベイトは根掛かりしそうになった場合にラインのテンションを緩めれば回避することができる。今回の釣行のクランクベイトのアクションだが、キャストしてまずはボトムまで巻いて潜らせる。そこからまるでワームのズル引きのようにリールを巻くのではロッドワークでクランクベイトを操る。

根掛かり回避性能の高さでこの日ルアーのロストは0だった。
タックルだが竿が7.7ftのMHクラスのロッド。ラインはVARIVAS Avani Jigging 10×10 MAX POWER PE X8の1.2号にVARIVAS ショックリーダー[フロロカーボン]22LB.を使用。

釣れるとデカいサイズばかりなのでラインチェックはこま目に行なった方が懸命である。

釣行後は徳島ラーメン。大好きなラーメンを食べて機嫌が良くなったが、ここでショッキングな出来事が。

なんと私の帰った直後に50センチオーバーのキジハタ(アコウ)が釣り上がったらしい。もう少し粘るべきだったか…また必ずリベンジに来るとしよう。

ジワジワと各地で様々な魚種の釣果があがりだしている海のクランクベイトゲーム。皆様の住んでる地域にも狙える魚種がいるはずです。私も新たな可能性を求めて試行錯誤トライしてみようと思います。
 
[タックルデータ]
ロッド: HIDEUP MACCA N-SPEC
ライン: VARIVAS Avani Jigging 10×10 MAX POWER PE X8 1.2号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー[フロロカーボン]22LB.
ルアー: HIDEUP HU-300

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ