ソルトルアー フィールドレポート

デイアジングで尺サイズが連発!

こんにちは。新潟県のフィールドモニターの平山直人です。

10月は、週末になると毎週荒れていた影響で中々釣りに出ることができませんでしたが、やっと海況がそこそこなタイミングと休みが重なったので、久しぶりの海へ!

どの魚種を狙うか悩みましたが、せっかくなので、エギング・青物・アジングタックルを新発売になったタックルバッグに詰め、何にでも対応できるようにしてみました!笑


サイズも3種類展開されていて沢山道具を入れられるので、秋の様々な魚種が釣れるこの時期にもピッタリです!
また、随所に工夫がされているので、アングラーにとっても非常に扱い易いバッグになっています。

さて、釣りの方ですが夜中にポイントに着きエギング・アジングとやってみますが、前日まで荒れていて底荒れの影響が残っているからか、無反応のまま朝を迎えます。
朝になるとカタクチイワシの接岸が見られますが、サゴシらしき魚を1バラシのみ。。

時刻も8時を過ぎ、そろそろ上がろうかと話していると、急に潮が動き出し周りのサビキの方々に良型のアジが入れ食いに!!

我々の立ち位置が、潮流の向き的にコマセが流れてくる場所だったので、人工のアミパターンになるかなと思い、丁寧に探っていると待望のヒット!


やけに引くなと思ったら、まさかの尺クラス!

風と流れが強く、また釣れるレンジも2gジグヘッドでカウント25~30とかなり深かったのですが、TFL-55RXのディープレンジでもハイウェイトをしっかり操れる操作性と超高感度でしっかりバイトを取り、レッドアイの抜群のパワーと、僅かなラインブレのバイトも取れるカラーのお陰で、秋には珍しい尺アジのラッシュを楽しむことができました。

デイでアジングが成立する状況は限られるかと思いますが、視認性が加わると、ナイトはまた違った楽しさを味わうことができますね。

寒くなってきましたが、海の中はまだまだ沢山の魚種で熱いようなので、皆様も楽しんでください!!

[使用タックル&ウェア]
ロッド: ワークスリミテッド SWフィネス TFL-55RX
ライン: アジングマスター エステル[レッドアイ]0.3号
リーダー:ライトゲームショックリーダー[Tiフロロカーボン]0.8号
リグ:  レンジクロスヘッド 1.8g・2g + アジアダー ギムレット 2.5インチ
その他: タックルバッグ 33cm(VABA-65)カーキ
     フィンガーレスグローブ(VAG-14)
     ドライアーマー アクティブレインスーツ(VARS-12)カーキ
     ライフジャケット ウエストタイプ(VAL-15)グリーンカモ

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ