ソルトルアー フィールドレポート

鳥羽 ライトジギングレポート

こんにちは、出口です。今回は、いつものエリアトラウトではなく、海に遊びに行ってきたのでその時の様子を報告します。

8月の初旬に、三重県鳥羽沖でライトジギングを楽しんできました。事前の情報ではツバスが沢山群れていて、状況が良ければサワラ、ブリが狙えると聞き、ワクワクしながら前日にラインを巻き替えていました。

今回使用したラインは、メインライン「アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 1.5号」、リーダー「ショックリーダー フロロカーボン 25LB.」でした。

一投目で、底をとってからワンピッチジャークで4・5回しゃくったら、ラインのテンションが抜けました。一投目からバイトが出るとは思っていなかったので、慌ててラインを巻き取り重みを感じたところで大合わせし、上がってきたのはサワラでした。

アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8の感度とVARIVAS独自の10m×10色(テン・バイ・テン)カラーリングシステムにより目で見るバイトも非常に解りやすかったです。その後は、ポツポツとツバスやホウボウを釣って楽しんでいました。

当日はツバスの反応が良く頻繁にバイトがあるため、ジギング初心者の私のワンピッチジャークがリズムに乗ってきたところで今までとは違う大きなバイトがありました。

フッキングすると、いきなりロッドが海面に突き刺さります。初めて体験する引きに耐えながら上がってきたのは、私にとって初ゲットのブリでした。

この日は私のリズムが合ってたらしく、その後も3本のブリを釣り上げることができました。写真では3本ですが、一本は船長におすそ分け、ツバスは、大きくなることを祈ってほとんどリリースしました。

当日の最大サイズは96cmとメーターオーバーには届きませんでしたが、船中でブリを釣り上げれたのが私だけだったのは、ラインシステムによるところも大きかったと思います。

船長から、冬にメータ越えの10kgオーバーを狙いに行こうと誘われましたので、今から楽しみです。
まぁ、その前にエリアトラウトの予選を突破しないといけませんが・・・

以上、報告は出口でした。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ