ソルトルアー フィールドレポート

ライトなチヌフカセとリベンジチヌトップ!

こんにちは、フィールドテスターの梅田洋樹です。

今年の夏はかなりの猛暑が続いていますね! みなさん、暑い中ですが釣りには行かれてますか? 先日、同じ山口県でバリバスを盛り上げてくれている竹下さんと渚釣りに行ってきました。

私は1時間以上前に釣り場に入り釣り開始。使用したのは、バーマックス磯[ゼロフカセ]の1.5号に、ハリスはバーマックス磯 ゼロハリス[フロロカーボン]の1.2号を選択。

干潮少し前からのスタートで潮はかなり引いていましたが掛け上がりまでは遠投しても届かない距離。しかしマキエを撒けば上がってくるチヌもいるだろうと思いやってみますがフグの猛攻でなかなかチヌには届きません。そうこうしていると竹下さんが到着し隣接する地磯から掛け上がりをダイレクトに狙ってみました。すると直ぐに竿を曲げ遠目から見てもチヌだろうと思わす独特の引きをしています。上がってきたのは45cm近いグッドサイズのチヌ。

竹下さんは、地磯からということもありハリスはハードトップ TiNICKSの1.2号を使用していました。その後潮が満ちてきて地磯にも居られなくなったので2人で渚から狙ってみますが無反応・・・結局、私はボウズで終わってしまいました(笑)

しかし、今回のフカセはとてもライトで快適でした。救命具も腰巻のライジャケにバッグもライトな物。

こんな簡単な装備でも十分フカセを楽しむことができます。

しかし、このままでは終われない!! 今度はルアーでチヌトップ釣行することにしました。

PEはアバニ シーバスPE マックスパワー X8 ステルスグレーの1号に、リーダーはシーバス ショックリーダー[フロロカーボン]の12ポンドです。最初はペンシルでスタート。するとわずか2投目でヒット!

フックはNogales ゼロフリクション トリプルフックを装備。ウルトラシャープに研ぎ澄まされたフックポイントとゼロフリクションコートされたフックは抜群のフッキングです。捕食のあまり上手くないチヌですがルアーに当たったチヌは全て掛けることができて、1匹もバラすことはありませんでした。

その後も連発でチヌを追加していきました。


渚でのボウズをチヌトップでリベンジすることができました(笑)

話は少し変わりますが釣友から驚きの写真が届きました。

1.5mクラスのシュモクザメをバリバスのPEでキャッチしたとのこと。アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8を使用したらしいのですが驚きなのが号数。0.8号だと言うこと! さすがはマックスパワー原糸のPEライン。驚きのパワーと結束強度ですね!

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ