ソルトルアー フィールドレポート

真夏のロックフィッシュ & アジング

こんにちは。新潟県の平山です。

梅雨も明けて連日の気温が35度近くを記録する中、夜中の少しでも涼しい時間帯から朝マズメにかけて、友人達とロックフィッシュとアジングをしに行ってきました。

ひとまず狙いをキジハタに絞り、潮通しの良いポイントを狙っていきます。

この日はいつも以上に潮が効いていて、14gのテキサスリグでも流されてしまう状況でしたが、キャストコースを工夫し、狙ったコースをドリフト気味に通すと、すぐさまキジハタからの反応が!

サイズはそこまでではないですが、キジハタのガンガン突っ込む引きは病み付きになります!!

その後も飽きない程度にキジハタ、ソイ、カサゴが釣れてくれます。

そして、友人にはこの日1番のサイズが!!



この後も反応は続き、無事全員がキジハタを釣り上げることに成功しました。

この日私が使ったメインラインが、アバニ ジギング スーパーコンダクター LS4 2号の300m。リールのキャパ的にPE2号が150m巻けるため、150mでカットして巻いてみました。ジギング用PE??と思われるかもですが、伸度4%という超低伸度のお陰でベイトリールにPEを巻いた際のキャスト時の糸噛み等のトラブルが激減しました。また、感度・操作性の向上、マーキングにより、視認性も良かったです。

リーダーには、シーバスショックリーダー フロロカーボンを使用。根擦れや根掛かりがつきものの釣りですが、抜群の強度によりライブレイクもなく、安心して釣りを続けられる心強いリーダーです。

上記のセッティングで、ひとしきりロックフィッシュゲームを楽しんだ後はポイントを移動し、アジングを開始。周りのサビキの方々には25cm位の量型のアジが良いペースで掛かっていて期待が膨らみます!

しかし、釣れている距離が遠くジグヘッド単体の釣りでは反応が薄い状況。。

それでもウエイトを上げ、なんとか数匹を釣ることに成功しました。

久々のアジングでしたが、高感度で操作性抜群のTFL-55RXと、しなやかさ・高強度を兼ね備えたレッドアイはやはり頼りになりますね!

この時期でもグッドサイズのアジが釣れているポイントを発見できたのは大きな収穫。次回に期待を込めての納竿となりました。

[使用タックル]
■ロックフィッシュ用
ロッド: ハードロッカー B810MH+
リール: 17エクスセンスDC XG
ライン: アバニ ジギング スーパーコンダクター LS4 2号
リーダー:シーバスショックリーダー フロロカーボン 22lb.

■アジング用
ロッド: ワークスリミテッド SWフィネス TFL-55RX
リール: イグジスト1003
ライン: アジングマスター エスエル[レッドアイ] 0.25号
リーダー:ライトゲームショックリーダー Tiフロロカーボン 2.5lb.

ウエア: VARIVAS × New Era[9FIFTY](VAC-60) グレーカモ
     Tシャツ(VAT-42)モスグリーン
     ライフジャケット ウエストタイプ(VAL-15)グリーンカモ

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ