ソルトルアー フィールドレポート

サイズが小さくても楽しいアジング

7月21日(日)19時~20時/新潟県中越地区 磯場/風速1メートル 

久しぶりに天候も風の影響もなくなったのでアジングに行ってきました。

新潟もアジのサイズが下がってきましたが、個人的には豆アジングが好きでこれからの時期が楽しみです。

今回は潮通りのいい磯場に行ってきました。一昨日の雨の影響で少し濁りが入っていました。

最初は、ジグ単0.8g ワーム1.2inchでスタート。表層をデッドスローで調査するが反応なし。

次にカウントをとり中層にアクションをくわえてからテンションフォールでアジを探していくと小さなアタリがコッンと

フッキング出来ず…

再びアクションをいれてからアジにワームを見せるようなイメージでロッドをゆっくりとフォールに合わせて立ててアジに見せるようにするとコッンとまたアタリありフッキング成功!


この後も同じ釣り方で釣れましたが、群が少なかったのか日が暮れるとすぐにアジの反応がなくなり終了しました。

豆アジングは、豆アジのコッンと小さなアタリが癖になります。

そのアタリをしっかり手元に伝えるためにエステルライン レッドアイとリーダーはチタンコーティングされているライトゲームショックリーダー Tiフロロカーボンがオススメです。

尺アジなど大きいサイズもいいですが、豆アジも十分楽しめますので是非、機会がありましたか豆アジングをしてみてください。素揚げや南蛮漬けにすると美味しいですよ!

[今回の使用タックル]
ロッド: XERTA BLACK STAR SOLIT TZ tuned S510-S
リール: SHIMANO  19 ヴァンキッシュC2000S   MTCW使用
ライン: アジングマスター エステル[レッドアイ]0.2号
リーダー:ライトゲームショックリーダー Tiフロロカーボン 2.5LB.
ジグヘッド:TICT アジスタS 0.8g
ワーム:TICT ブリリアント 1.2inch

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ