ソルトルアー フィールドレポート

梅雨アジング

こんにちは、フィールドテスターの梅田洋樹です。山口県もやっと梅雨入りしました。そんな梅雨の中、ホームのアジの状況が気になったので雨の中ですがアジングに行ってきました。

使用したタックルはTFL-55RXに、アジングマスター エスエル[レッドアイ]0.25号です。ロッド・ライン共に抜群の感度です。そして55は繊細かつ高感度ながらパワーも兼ね備えています。ラインも適度な張りがあり0.25号でも抜群の強度がありますし、カラーエスエルになったことで目感度も上がっています。軽量ジグヘッドでもしっかり飛距離も出ます。

そんなタックルでの1投目で潮の流れを強く感じるレンジを発見しこれは1投目で釣れるのでは?と思っていると「コンッ」とアジ特有のアタリがあり1投目からヒット。

20cmUPのアジでした。その後も同レンジで連発でヒット。そこそこ太ったアジでしたがアジングマスターショックリーダーの0.6号でも難なく抜き上げることができました。これもレッドアイの結束強度がしっかりと出ていることとリーダーが強い証拠だと思います。

冒頭にも書いた様に感度抜群ですので上顎に掛かることが多々ありました。しっかりとアタリをとらえ、遅れることなくフッキングが決まるのでバレないところに掛けることができます。

雨の中での釣りでしたがドライアーマー アクティブレインスーツは蒸れることもほとんどなく体が濡れることもありませんでした。

雨の日はもちろんですがレインスーツは防寒着としても使用できます。秋や春先など防寒着は要らないけど肌寒い様な時期にはもってこいのウェアだと思います。梅雨入りし人の活性は落ちる傾向にありますが、雨に負けずみなさんも釣行してみてください! 良い釣果に恵まれかもしれませんよ(笑)

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ