ソルトルアー フィールドレポート

久々の大分県北部ボートメバル

【釣行日】2019年4月6日 【フィールド】大分県北部

久々の県北ボートメバルに行きました。序盤は強風下での釣りとなりラインテンションが甘くなることもありつつ釣りを行いました。それでもライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.2号の細さを活かして、1.5g単体のリグテンションを感じつつ、バイトも逃さないように対応。掛けてからも主導権を与えず一気に回収する釣りをしました。

更にハードルアーに切り替えてハードルアーでの釣りを堪能。操作性がダイレクトで心地良く、メバルを連発させました。

気が付くと風も止み、沖へ出られる環境になったので水深10〜20メートルの潮流が速い場所で釣りを行いました。念のため別タックルに逆ダウンショットを組んで深く速い潮流も攻略できるように準備。現場に着くと予想通り、潮が速く軽いリグは一切受け付けない状況です。先ずは調査として逆ダウンショットを使用して効率良く各レンジを刻んでいきました。するとボトムから3m前後でメバルが連発します。

そこで、ジグヘッド単体やハードルアーを使用していたタックルにタングステン10gを使用して素早くレンジを刻むと同様の場所でヒットします。ラインが極細系なので、すんなりと狙った場所へ入れられて、あっさりとメバル達の居る場所を攻めきれます。そうしていると潮流も弛みメバルが水面近くで捕食を始めました。弛んだといっても流れているので、ジグヘッド単体の2gを使用して対応しました。

深場の釣りも充分した所で一度陸へ戻り2時間ほど休憩。朝マヅメの釣りをするために大きく場所を移動して、潮が良く流れて瀬がある浅めのポイントへ入りました。到着して少し明るくなり始めた東の空を見ながらのジグヘッド単体1投目。

良いメバル! じゃなくて良いジャンプ!
シーバスでした(笑)

メバルの時合いなのでダラダラと相手をしているつもりはありません。0.2号の強度を活かして秒殺ファイトを行いサッとランディングして本命狙いに戻りました。

本命の方はジグヘッド単体の届くギリギリで釣れるので、少々釣り辛い感じです。アンカーを打ち直すのも時間が勿体ないのでハードルアーに変更して飛ばして釣るとバイト数もヒット数も格段にアップ。あともう少しという距離の時に極細PEとハードルアーの組み合わせは最高です。トレブルフックを丸飲みされるとやっかいですが、そこはプライヤーを横に置いてササッと処理して次を狙い数を伸ばしました。

ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.2号は強い! そしてルアーの飛距離が素晴らしいです。

また、キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 0.6号もアシストシンカーや根の荒い場所で根掛かっても、リーダーを段組みにしている場合に上のリーダーを確実に生きて帰します。お陰で恐れることなくタイトに瀬周りも攻められるので心強いです。

[タックルデータ1]
ロッド: 64チューブラー
リール: ヴァンキッシュ C2000S
ルアー: ジグヘッド単体[土肥富、ヤリエ]、ワーム[エバーグリーン]
ライン: バリバス アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.2号
リーダー:フロロ 8lb.

[タックルデータ2]
ロッド: 70チューブラー
リール: ツインパワーMG C2000S
ルアー: 逆ダウンショット、ジグヘッド単体[土肥富、ヤリエ]、ワーム[エバーグリーン]
ライン: バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 0.6号
プライマリ・リーダー:フロロ 12lb.
セカンダリ・リーダー:フロロ 8lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ