ソルトルアー フィールドレポート

京都丹後 青物キャスティングゲーム

こんにちは、ソルトラインモニターの幸村と申します。5月に入り、待ちに待った日本海・丹後の青物キャスティングゲームが開幕しました。

レポートの釣行日は5月15日。実は今回が今シーズン三度めの釣行となります。前回、前々回の結果は…聞かないでください(涙)。三度めの正直となる今回も、舞鶴西港・ノースポイント(金井船長)で午前6時に出船。大本命であるヒラマサ狙いのため、経ヶ岬より西の海域を目指します。

午前中は各ヒラマサポイントを叩きまくるも全員ノーバイト。時折、付近の沖めで発生するトリヤマに浮気(?)して、メジロは全員キャッチすることができました。昨年はヒラマサの当たり年ともいえ、同時期にかなりの数がキャッチされていました。金井船長によると、今年は昨年に比べてヒラマサが好むトビウオの回遊が遅れているらしく厳しいとのこと。

午後もヒラマサゲットを夢見て誘い出しを繰り返しますが状況は変わりません。15時過ぎ、ヒラマサは諦め次なる目標のブリ狙いで白石礁に移動しました。白石礁に到着すると、お約束である夕方前のジアイの真っ最中。ジギング船が好調との情報もありました。多くの鳥が乱舞していますが移動スピードが早く 、なかなかトリヤマを形成してくれません。

小規模ながらも鳥がかたまり始め、金井船長はベストポジションに船を着けてくれますが、チャンスは1投のみといった状況が続きます。そして、ついに大規模なトリヤマが発生! 金井船長が完璧ともいえるポジションに船を着けてくれたおかげで全員ヒット! 私はバラしてしまいましたが、トリヤマが船から離れなかったおかげですぐにまたヒットさせることができました。







一人はランディング寸前のリリースとなってしまいましたが、何とか全員ブリの顔を拝むことができ、この時のベイトはイカでした。ラストチャンスといった感じでその後はジアイも終了し、海が静かになり帰港となりました。

今回もヒラマサの夢は叶わずでしたが、青物のキャスティングゲームはいつもエキサイティングで堪らない魅力がありますね。私の丹後でのラインシステムは、ヒラマサの場合アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 5号 + オーシャンレコードショックリーダー 100ポンド。ブリの場合は同じく2.5号 + 50ポンドとしています。

メインラインは本年度にリニューアルされ、コシが強くキャスティングコントロール性が数段アップしていることが体感できます。これによりバードアタック回避のしやすさや、焦ることの多い一瞬のチャンスにキャストが決まることが多くなると思います。私の釣りに、また新たな武器が加わりました。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ