menu
ソルトルアー 永井 道弥

初めての船団 【アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 2号】で
天草タチウオをキャッチ!

今回は熊本の三角港出港、釣具のトップさんの魁王丸に乗船し、タチウオを狙いに行ってきました。
朝7時ごろに出港し、ポイントに到着した時にはすでに船団ができていました!
初めての光景にテンションが上がります!

天草のタチウオがいなくなるのでは?と思い聞いてみたところ、
数はそんなに変わらないけど大きいのが少し少なくなっているみたいです。
船長の戦略では午前中に数、午後に型狙い。意外と釣り分けができるそうです!

水深は80〜100m。反応を見る感じではどこの水深でも60m±10mのレンジに反応が集中していました。
ジグはフォールであたりが集中していたので軽めの90〜130g。さらに比重の軽い鉄、ステンのジグを使用しました。
コーティングがしっかりしていて細くても強度があるラインだからこそできる釣りではないかと思います。

僕の使用したライン、VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8では黄〜黒色マーキングの変わり目付近でアタリが多かったです!
このように2回目の○○色とかではなく1発でヒットレンジがわかるのも10×10の魅力です。
フォールでぼーっとしてても「あれ、今何mだろう?」となることはありません(笑)

午前中では船長の言った通り反応の濃いエリアで数釣りを楽しみ、午後は反応の薄いエリアでF5〜6サイズを狙いました。
F5サイズまではなんとか釣ることができたので、数もサイズも取れた大満足の釣行になりました!


天草のタチウオ、サバフグなどの外道がいないのでおすすめですよ〜!
今回、船中上がったのはタチウオのみでした!
外道といえばたまに10kgブリが湧くくらい…だそうです!

タックルデータ

ロッド DAIWA 鏡牙AIR 63B-3S
リール DAIWA ソルティガBJ200SH
ライン VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 200m:2号
リーダー VARIVAS ショックリーダー [フロロカーボン] 60LB

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。