ソルトルアー 永井 道弥

ライトタックルで挑むヒラマサキャスティング

自粛要請前の3月13日、遊漁船クルーズでヒラマサキャスティングに行った際のレポートです。

春の玄界灘近海はベイトがとても小さいため、それに合わせるためにライトタックルで挑みます。

アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]3号にオーシャンレコードショックリーダー 80lb.のセッティング。

既に使用している方はご存知かと思いますが、
SMPの程よい柔らかさとコーティングが圧倒的な飛距離とトラブルの少なさを実現し、
大型のヒラマサとのファイトでも圧倒的な安心感でアングラーに心の余裕を持たせてくれます!

ラインに対する不安があるとやはり判断が遅くなり、ドラグを強くかけられないことがありますので、
安心できてしっかりファイトできるSMPは多くのアングラーに支持されているのですね。

この日も、SMPはしっかり応えてくれて、強烈なファーストランに物怖じせず、しっかりヒラマサを止めて浮かせることができました!


NEW SMP(ヒラマサチューン)を開発中とのことで、「これより良いものができてしまうのか!」と驚いています。笑
発売が楽しみですね!

[タックルデータ]
ロッド: リップルフィッシャー アクイラ82 2/4 MLT
リール: ダイワ ソルティガ 4500H
ライン: アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]3号
リーダー:オーシャンレコードショックリーダー 80lb.
ルアー: カーペンター ブルーフィッシュ 30-130 ST-66 #1