その他 フィールドレポート

エギングタックルでのチョイ投げシロギス

最近、駿河湾の砂浜ではシロギスの好調が続いています。
そんな中、エギングタックルを流用した所謂「チョイ投げ」でシロギスを狙い、釣行してきました。

タックルですが、ロッド、リール、メインラインは普段エギングを楽しんでいる時と全く同じです。メインラインはアバニ エギングPE マックスパワーの0.6号で、ここにショックリーダー フロロカーボンの20LBを取り付けます。
ここにジェット天秤を結び、市販の投げ仕掛けをセットすれば準備は完了です。エギングロッドでのキャスト性を考慮して、ジェット天秤は軽めの6~8号程度、仕掛けも全長が長くなり過ぎると扱いづらいので、2~3本バリのシンプルな物がオススメです。

朝一の砂浜に到着し、エサのジャリメをハリにセットして第一投。本格的な投げ釣りタックルには及ばないものの、70~80メートルは飛ばすことが可能です。キャスト後はゆっくりと仕掛けをさびいてキスを誘って行きます。手前30メートルあたりに仕掛けが差し掛かった頃、穂先に「ブルルン!」というキス特有の鋭いアタリが出て、幸先良く一投目からキス釣り上げることができました。

二投目以降も釣れた辺りを集中的に狙うと、コンスタントにアタリがあります。途中、良型含む一荷もあり、数を伸ばすことができました。9時頃には照り付ける太陽にギブアップしましたが、十分に楽しめました。

今回使用したエギングタックルに限らず、シーバスやバスタックルでもチョイ投げはできるので、是非試してみてください。

< その他 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ