鮎 餌取 春義

益田川上流管内支流無数河川釣行「ギブで攻略」

7月、豪雨で川が氾濫するなど甚大な被害を受けた岐阜県益田川。
被災された地域の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。

そんな中、7月19日に益田川上流漁協管内の支流無数河川が釣り可能ということで様子を見に午後から釣行しました。
ちょっとボケてますが向こう側が益田川本流。手前が無数河川。

色の違いが全く違いますね。

川は白川状態ですが残り垢もあります。

かなりのんびりして橋下流の瀬を1時半にスタート。
オトリを流れに入れた瞬間目印が吹っ飛び秒殺で真っ黄色のアユが掛かる!

これにはビックリ。

あの大増水をよく耐え抜いてきたもんですね。
それをオトリに2匹目も秒殺!
しかし、風が吹いてキャッチミス・・・
再度オトリを送り込むとまたまた秒殺!
「デカい!」デカアマゴだ!下流に下れずプッツン・・・
仕掛けを張り直してオトリを送り込むとまたまた秒殺でデカアマゴ!
下竿だったためこれも下れず一瞬にしてプッツン・・・
10分もしないうちにオトリがマイナスに(泣)こんなトラブルスタートは初めてです(汗)
しかし、そこからなんとか立て直すと20センチクラスの良型が入れ掛り。
活性高く追いが良いが、顔回りの掛かり方が多くバレが目立つのでハリをギブ 7.5号 4本イカリに変更。

困った時はこの大きいハリです。

そして、必殺技!ハリハリスを長く取り逆バリをアブラビレに打ちます。
湖産アユ放流河川で時々感じるのが追い方が腹ではなく、尻尾に追うことが良くあると個人的に感じています。
なので、逆バリのセットをこのようにするとバッチリと背掛かりとなります。ご参考までに。


この方法で殆どが背掛かりとなり連発!苔が飛んでいる白いスジでも掛かります!
新垢が付いているようです。
テンションがヒートアップしてくるとドンッドンッドンッと目の覚めるアタリ!

またしてもデカアマゴだ!!!

今度は走って下ります。なんとかいなして寄せてキャッチ。
3度目の正直で尺アマゴゲット! と、思いきや、あれ? 26センチでした(笑)

夕方まで楽しく遊びました。
釣果は1時半~6時までの4時間半で31匹!+アマゴ2匹
管内はアユ以外でも渓魚の宝庫なんですね。

雨続きでなかなか濁りが取れない益田川本流。
漁協によると無数河川には湖産、海産合わせて280キロが追加放流されます。
豪雨災害後、ひとつの光明が差したと感じた釣行でした。

[当日のタックル]
ロッド  :SHIMOTSUKE ライトバージョン 80MS
天上糸  :エクセラ鮎 スーパーメタル 0.1号 自作

水中糸  :エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ 0.06号

上ツケ糸 :エクセラ鮎 ツケ糸 [フロロカーボン]0.5号

下ツケ糸 :エクセラ鮎 ツケ糸 [フロロカーボン]0.4号

目印   :エクセラ鮎 みえる目印 細 ライトグリーン / オレンジ

ハナカン :エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 0.6号

中ハリス :エクセラ鮎 鼻カン回り糸 [フロロカーボン]0.6号

ハリハリス:エクセラ鮎 ウルトラマジックハリス[フロロカーボン]1.5号

サカサバリ:エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ[Vフック3D]1号

イカリ  :ギブ 7.5号 4本イカリ