鮎 フィールドレポート

三重県大紀町大内山川

大鮎が掛かり出し30センチのメガ鮎も放流され強烈な引きを堪能しようと、大内山川に釣行しました。


10時半釣り開始。竿8.5メートル、水中糸にエクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ(ハイブリッド複合メタル)0.1号、掛けバリにTYPE 2の7号の4本イカリパックとTYPE 2とTYPE 3の7.5号の3本イカリパックを使用しました。

良型の鮎が見えるもなかなか掛からず2匹の養殖鮎を何度も交換してようやく1匹目が掛かりました。強烈な引きで、慎重にキャッチするとなんと1匹目に23センチ以上ありました。

しかし、今シーズン大鮎にまだ慣れていないため、身切れ、けられ、掛かる鮎が大きくトラブルも続出です。午前3匹で終了。

休憩後釣り開始。同じポイントに入るも1時間全く掛からない。悩んだ結果、100メートル程移動し開始。


このポイントは瀬開きで水深があり、何度か好釣果に恵まれましたがイケイケの鮎がいないと、ヘチまでたどり着けず厳しい。なんとか右岸側まで行き、今度は上流に上る。一瞬おとり鮎の泳ぎが加速すると同時に目印が飛ぶ。3分で掛かり、鮎のパワーに負けじと耐える。両手いっぱい伸ばして、キャッチ。23センチのおとり鮎と、同型の良型が掛かり「やったー」と叫びました。

丁度活性が上がる時間帯のようで、右岸側の岩盤周囲で鮎が見えました。流心の真ん中で鮎が止まるのですが、無理やりポイントに入れると掛からないためじっと待つと、群鮎と泳ぎだします。すると上手くハリにのりました!

20センチの鮎が掛かると小さく見える贅沢。目に掛かり、おとり鮎にならないのもありましたが、徐々に数が増えました。夫もかなり良型の鮎の引きを満喫しています。

まだまだ竿を出していたかったのですが、鮎を心待ちにしている知人の夜ご飯に間に合うよう17時に納竿。

23センチ前後が多く、24.5センチまでが掛かり、大鮎に大満足の釣行となりました。


さらに、この鮎の強い引きをまたまた体験しようと数日後に釣行したら、サイズもパワーも前回よりはるかに増していました。笑


< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ