menu
ソルトルアー 杉田 千紘

【深川吉野屋】タチウオジギング

皆さんこんにちは!! 杉田千紘です。
先日、急な休みができたので一人で東京都江東区木場にある深川吉野屋さんへタチウオジギングに行ってきました。
今まで、タチウオの餌釣りの船で少しタチウオジギングをやったことはありましたがタチウオジギング船は初乗船です!!
釣り方も探り探りでしたが色々と気付きがある釣行になりましたので今回のレポートでは、その様子を皆さんにお伝えします。

出船は朝7:00。自転車で向かったら到着がギリギリになってしまい、6:30についたので釣座は1席空いていた左舷の胴の間でした。
胴の間だと船長さんのすぐ近くなので、釣り方などなど色々聞きに行きやすいのでラッキー♪

【使用タックル】
ROD: ジギングロッド
REEL: 小型両軸リール
PE: VARIVAS クラウン船 PE X8 1号
LEADER: VARIVAS ショックリーダーフロロカーボン40lb
LURE:BEAT×VARIVAS BABY ZIGRAY SGGK 75g〜110g
OTHER: VARIVAS Avani OCEAN WORKS POWER RING #5.0mm

曇り空の中ポイントへ船が向かいます。
周りの人達は釣り仲間とおしゃべりしたりしてて、私は1人釣行なので少し寂しいな、と思いながらご飯を食べていると程なくしてポイントへ到着し、早速釣りスタート。

底から10m位まで反応があるとのことだったので着底したらまずはワンピッチジャークであたりがあるか探ってみます。

しかし、アタリが出ず。

周りはポツポツとタチウオを釣り出します。

正直、どうしたらアタリが出せるのかわかりません!
こういう時は船長に聞く! の一択です。

杉田「船長基本の釣り方とかって…どうしたら釣れますかね…?」
船長「基本落として巻けば良いだけなんだけど、あんまり強くジャークしなくて良いです! 優しく優しくやってあげて。竿先が触れるくらいで良いですよ♪」
杉田「なるほど…! 強くジャークしてました…(涙)」
船長「後はね、ちょっとしたスピードの変化をつけること! その日その日でアタリが出るスピードが全然違います。2往復位アタリがなければすぐ入れ替える! 落とし直すとアタリが出るんでこれも大切!」

船長に教えてもらって気合を入れ直して再度挑戦!

着底したら、ただ巻く、余計な事は考えず10m巻いて落とす、2回やってダメだったら落とし直すを繰り返してると…

「キタ!!!」

やっとキタ〜!! けど、あまりの嬉しさに言葉も出ない!! バラしたくない!! あれ? 取り込みってどうするんだっけ?と考えてたら水面バラし。。。
ショックです…。
船長からは「まだまだ釣れるよ!」と優しいお言葉。
沁みます。。。

よし!諦めないぞ!!

「キタキタ!!」
今度こそ!! 絶対バラすまい!!
海面まできたら、竿を置いてリーダー掴んでそっと抜き入れます。

「釣れたぁ〜〜!!」

やっと…! やっと1匹釣れました。。
ただ巻くだけで良いのね…本当に…船長ありがとうございます!!
この時点で12時。残り時間が1時間半程でしょうか…。
よしよし、わかってきたぞ!釣り方が!!!
後は数釣りだぁ〜!! 残りの時間で釣るしかない!!

根気強く同じことを繰り返すのは得意な方です。

私はタイラバとかタチウオジギングとかタダ巻きの釣りの時に、ずっと同じ速度で巻く釣りの時には一定の速度を保つために心の中で歌を歌ってるんですけどこの日は「森のクマさん」のスピードでヒット!
なので、心の中で森のクマさん大熱唱!

アタリが出る出る!!

釣れた釣れた!!

同じ速度で巻いたのが良かったのか、その後7匹釣れてこの日は竿納。

釣果は8匹。

最初はどうなるか、もしかしたらボウズかな?!と思いましたが船長の的確なアドバイスのお陰で釣ることができて嬉しいです♪

今回グリーン系のジグを使って釣っている人が多く、BEAT×VARIVAS BABY ZIGRAY SGGK カラーが効果抜群でした!!

釣り方や釣れない時にどうするかも全部1人で考えてやるしかない状況は自分を成長させてくれると思ったのと同時に、いつも以上に釣れない状況で釣らねばならん!と心が燃えたので(笑)
たまには1人釣行も楽しいな、と思いました!!

この日の釣行はYouTubeでも公開しているのでそちらも併せてご覧頂けましたら嬉しいです♪

最後まで読んでくださりありがとうございます!!

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。