ソルトルアー 池田 裕之

東京湾 秋のランカーシーバスに最適なラインとは。

東京湾シーバスガイドキャプテンの池田裕之です。

近年、予約の段階から激戦で爆発的に人気の出てきた、ボートから狙う秋のランカーシーバスですが、今回は正にこの釣りに適したラインのオススメ&ご紹介です。

ボートからのランカーシーバス狙いの場合、100g超のヘビーウェイトのルアーから始まり、軽くても20g前後のルアーの使用によるオープンエリアでのぶん投げ系の釣りがメインとなります。
このぶん投げ系の釣りの共通点は共にロングキャストがもの凄く有効ということと、着水点から限りなく直線に近いルアー操作となることです。

キャスト飛距離と直線に近いルアー操作に加えて、ヒットしてくるシーバスがベイトをガッツリ食っている80cmクラスが多く、70cmクラスでも他の季節とは比べ物にならないくらい太くてトルキッシュなファイトを見せてくれます。
また、体力も充分あるので船縁で何度も下に下に突っ込むのも、この時期ならではですね。

以上から、次の3つのことが必然的にクローズアップされてきます。
①キャスト飛距離
②ヘビーウェイトルアー操作による直線的な引っ張り強度
③ランカークラスシーバスによる船縁での直線的な引っ張り強度

この3項目を高次元でクリアできるものこそ、東京湾シーバスガイドキャプテンである私がオススメできるラインとなるわけです。

で、そのラインとは【マックスパワーPE X8[ライムグリーン]】&【ショックリーダー [フロロカーボン]】の組み合せとなります。


私の号数セレクトは、
ビッグベイト系:PE2号+リーダー25lb.
バイブ、ややデカミノー:PE0.6号+リーダー16lb.
となっています。

また、ショックリーダーの長さは約20cmとショートリーダーで使用しています。
なぜショートリーダー仕様なのかは、またの機会にお話ししましょう。