ソルトルアー 遠藤 真樹

【SDR】という遊び

モーリス・フィールドテスターの遠藤真樹です。

東北・宮城も梅雨入りしてから7月は長雨が続き、前線通過でなかなか出船ができない日々が続いていますが、雨の合間に、Summer Deep Rock。略して『SDR』という釣りをしてきました。
宮城ではここ数年で確立されてきた、夏に狙う、深場のロックフィッシュゲームのことです。
夏の釣りと言えば、コチやヒラメのフラットゲームに、シーバス。
そしてジギングやキャスティングによる青物が主流ですが、夏でも攻略性、ゲーム性の高いロックフィッシュを釣りたい!ということで、ポイント開拓と狙い方を模索し、ゲーム性の高い釣りを組み立てました。

スタイルはシンプルです。水深20m前後の根廻りを操作性を重視したシンカーウェイト21g前後のジグヘッドやテキサスリグのライトタックルで、狙い喰わせる釣りです。

なぜ水深20mなのか…
メインターゲットは黒ソイ。しかも狙うのは50cm級!ロックフィッシュはどうしても秋冬、春先のイメージが強いですが、実は夏場でも黒ソイは釣れます。釣れる水深が20mなのです。
そして、ファイトが一番強く、20mの海底から、船に釣り上げるまで休むことのない強烈なファイトは釣り人を魅了します。


◎シンカーウェイト21g前後のジグヘッドやテキサスリグのライトタックルで。

魚探でマーキングしている根廻りをバーチカルにピンポイントで狙い、黒ソイの喰い気を誘います。
黒ソイがどんなベイトを捕食しているかで、ワームのチョイスと誘い方が変わってきて、正解にはまらないと釣れない。
逆にはまれば簡単に釣れるというゲームです。
ヒントは、捕食しているベイトの種類。エビ・カニを捕食している際は、黒ソイは底にベッタリと張り付き、底を中心とした攻めになります。
イワシなどの小魚を補食している際は、スイム&フォールの浮かせた釣りになります。
そして、最も重要なことは、マッチザベイト!捕食しているベイトの大きさのワームをチョイスすることです。
私はメーカーのワームパッケージのインチ表示はあくまで参考程度にし、その日に実際にバイトの多い、反応の良いサイズをその日に探り当てます。
勿論、同船者の方が使っているワームサイズを気にして、釣れている方、反応の出ている方のワームサイズを参考に、海中で食されているであろうベイトサイズはどの大きさなのか?を常に探っています。

この日は釣り上げた黒ソイがエビやカニを吐き出しました。
これをヒントにワームサイズを決めて、海底付近を攻めるというパターンを見つけ、良型をゲットすることに繋がりました。



ヒラメも釣れ、船中ではコチも釣れました。時には真鯛も釣れます。ロックフィッシュ狙いとは言え、やはり夏の海。夏の魚も混じる楽しい釣行です。
何より、夏は気候が良いので気分も上がります。まだまだ夏は始まったばかりです。Summer Deep Rock。皆さんもSDRを楽しみませんか?

[使用タックル]
ロッド :6.6~7.2ft. MH~H
リール :ベイトリール
ライン :ロックフィッシュ プレミアム 14LB.
フック :Nogales フッキングマスター ロックフィッシュ(ULTRA HEAVY WIRE & ULTRA WIDE GAPE)
     Nogales フッキングマスター リングオフセット(MEDIUM HEAVY WIRE & HIGH POWER CARBON)
シンカー:Nogales グレネードシンカー 21g
その他 :クロスフィール VF-001
     ウォータープルーフショートパンツ VASS-08    
     New Era[CASUAL CLASSIC]VAC-66