ソルトルアー フィールドレポート

初秋のボートロック

東北・宮城も厳しい残暑が続いていた9月ですが、下旬になり朝晩の気温の低下で秋らしくなってきました。海の状況も夏から秋へ移行し始めています。水温も日に日に低下し、20~22℃と秋パターンの兆しです。

今日は、いつもの仲間に加えボートロック初挑戦のM君を交え出船です。

M君は普段磯ロック釣行を楽しむ陸っぱりアングラー。普段の足場と違うボートロックの楽しみを共有したくて誘い出しました。今年の夏は、仙台湾は20m超の深場で良型のクロソイが安定して釣れています。また、良型のヒラメも混じり、時には大型の真鯛も釣れてしまうという夏ロックとしては面白い展開になりました。同時に近くの漁場には、餌でのヒラメ釣り遊漁船も連日出船しており、仙台湾はヒラメが好調のようです。

今回、我々は朝イチ20mの深場へと船を走らせ、魚探の反応を見ながらポイントを探します。

7ft前後のMH~Hクラスのベイトロッドに、ロックフィッシュ プレミアム 14Lb、1oz前後のシンカーでテキサスリグをメインにします。この日は潮流が早く、1ozのシンカーといえどもフォール中にラインが流されてしまうのですが、キャプテンが上手に船を操船してくれ、海底の変化があるピンポイントを狙うことができました。潮流などの影響を考えると14lbくらいの太さが扱いやすいかと思います。


ディープエリアでの今年好反応なワームは、ボリューミーなカーリーテールワームや、6インチ以上のストレート系ワームで、安定した釣果を残しています。自分自身もカーリーテールワームによる釣果実績を多く重ねていますが、カーリーテールがもたらす波動によりクロソイやヒラメの補食スイッチに刺激を与え、思わずアタックさせてしまう効果があると考えています。また、もうひとつの6インチ以上のストレート系ワームはイワシを補食している際に効果的です。ストレート系ワームの場合はただ巻き、ノーアクションにて使用します。この2つのワームと2つのアクションを基に組み立てていくのが仙台湾での今年の夏のディープロック戦略術です。


ポイントに入ると、魚探にベイトの反応が。釣れる雰囲気が出まくっているものの、潮流の影響かなかなかバイトがなく渋い状況の中、海底の魚礁を丁寧に攻めてなんとかバイトに持ち込むことに成功。朝イチのヒットは60cmオーバーの良型ヒラメでした。

いつも使用するロックフィッシュ プレミアムは感度も良く、ディープでの釣りでもバイトがしっかりと取れるので少ないバイトのチャンスを逃しませんし、根ズレにも非常に強く、根回りでヒットさせた際も、強引に引き出せることも強みです。魚礁周りでの良型ヒラメや良型クロソイとのやり取りは、根ズレによるラインブレイクが常に心配されますが、ロックフィッシュプレミアムは根ズレにも強いですし、PEにシュッ! によるライン表面コートが摩擦抵抗を減らしてくれますので、ライントラブルも軽減でき、魚とのやり取りに集中できて、釣果アップに貢献してくれています。

夏から秋への移行が進んでいるためか、ディープでの反応が薄くなり始めたので、秋パターンの6m前後のシャローへ移動し、魚の反応を探りました。アイナメなどの秋にハイシーズンを迎えるロックフィッシュの反応はイマイチでしたが、クロソイの反応は良く、30後半~40cmアップがポツポツと釣れました。


M君も念願のボートロック初のクロソイを釣り上げてくれて自分も一安心(笑)

最後は、今季絶好調のO氏がクロソイ52cmを釣り上げて良い締まりとなりました。

今回の釣行で改めて感じたのは、夏から秋への移行する時期には、夏のパターンと秋のパターンが混在すること。そして、混在するパターンそれぞれを明確に捉え、パターン別に戦略を立てて攻めることが大切だということ。パターンフィッシング、ゲームフィッシングの楽しみ方だと思います。

どうしても季節の変わり目は、なかなかパターンが見つけられずに苦戦しますが、秋が深まり秋パターンへ推移していく中で、魚の動きを察知し、その日のパターンをいち早く見つけることで確実な釣果へ繋げられるのだと思います。ハイシーズンになる前の釣行は、これからの釣果に結びつけられる大事な経験になると思いますので、皆さんも是非、釣行してみましょう。

[タックルデータ]

ロッド:ベイト6.9ft〜7.0ft ミディアムヘビー〜ヘビー

ライン:VARIVAS ロックフィッシュ プレミアム 14lb.

フック:Nogales フッキングマスター ロックフィッシュ #2/0~4/0


その他:VARIVAS PEにシュッ! 携帯用
    VARIVAS クロスフィール
    VARIVAS ドライポロシャツ VAT-43

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ