ソルトルアー フィールドレポート

久しぶりのランカーシーバス

新潟県の平山です。日中の気温も下がり、だいぶ過ごしやすい日が続くようになってきました。

そんな中、とある河川がここ最近調子が良いという話を聞き、友人のガイドのもと、シーバスを狙いに行ってきました。私自身は初めての場所だったので、ポイントの特徴や地形を良く聞いてからエントリーします。1箇所目は海水と淡水が混ざるエリアで、ベイトはサヨリやイナッコのようです。見える範囲でのボイルは無いですが流れも効いていて、更には薄暗くなってくるマズメのタイミングと重なり、雰囲気は抜群。

表層系のミノーで、教科書通りのような理想的なヨレを通すとすぐさまヒット!

久しぶりのシーバスの引きを味わいながら無事ランディングし、サイズを測るとジャスト80!!


でき過ぎなランカーキャッチに、開始30分で大満足。笑

その後も友人の連発劇があったりと、ひとしきり楽しんだところで清流域と呼ばれる、上流のポイントへ移動。鮎等の川魚を捕食している、ヨレや瀬に着いたシーバスをミノーでドリフトさせて狙いながら何箇所か撃っていくと、ボコン!と気持ち良い音をたててヒット!

ポイント的に根擦れしそうでしたが、信頼できるラインとリーダーのため、躊躇なく一気にゴリ巻きしてキャッチに成功!
その後も同様のパターンで1匹追加し終了となりました。

この日使用したラインは、『アバニ キャスティングPE マックスパワー X8
安心の高強度と耐久性はもちろん、しなやかさが有り、私の使用している高弾性系のロッドとの相性も良く感じます。
ホワイトカラーで視認性も良いので、ドリフト等の釣りにももってこいだと思います!

リーダーは、『シーバス ショックリーダー フロロカーボン
根擦れ対策でフロロを組んでみましたが、抜群の感度と耐摩耗性能は非常に大きな武器となりました!!

ランカー混じりのとても楽しい釣行になりました。皆様もさまざまな魚種が釣れる、秋のベストシーズンをお楽しみください。

[使用タックル]
ロッド :MSS 962-TR
リール :モアザン 3012H
ライン :アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 1.2号
リーダー:シーバス ショックリーダー フロロカーボン 22lb.
ルアー :レスポンダー129、K2R

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ