ソルトルアー フィールドレポート

ソルトチャプター宮城第2戦

皆さんこんにちは! 
フィールドテスターの佐々木です! 7月28日に行われたソルトチャプター宮城第2戦に参加してきたので、その様子をお伝えしたいと思います。 


エリアは宮城県仙南サーフ、対象魚はマゴチ・ヒラメ3匹の総重量で競います。 

当日は不安定な天気で朝から雷雨に見舞われ、一時待機したのちにスタートしました。 
サーフは荒れていると考え大会本部前の向かい側にある堤防にエントリーしました。
この堤防で釣りをするのは初めてだったので、状況を探るために9.4ftのスピニングタックルにハイグレードPE マーキングタイプⅡ X8の0.8号にリーダーはハードトップ TiNICKS 4号を組んだタックルを選び、24gのビフテキリグにフックはリングオフセット #1/0をセットし、カーリー系のワームで探っていきます。



広範囲を探るため遠投したファーストキャストでリアクション気味に誘うと早速ナイスサイズのマゴチをキャッチすることに成功! 
この場所は浅く魚影も薄くないと感じたので、タックルを8.8ftのスピニングタックルにラインがソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号を組んでいるものに持ち換えライトに探っていくことにしました。 
10gのキャロに50cmほどリーダーをとりその先に0.9gジグヘッドにシャッドテール系のワームをセット。シンカー部分のリーダーはハードトップ TiNICKSの2.5号を使用し、シンカーから下のリーダーには2号を使用しました。

堤防の先端にできる潮の流れに乗せ、ボトムから浮かせ過ぎないようにドリフトさせるとパターンにハマり、そこからマゴチを連続でキャッチ! 

しかしウェイトが伸びないためワームのカラーをリアル系からアピールの強い赤金へ替えて探り直すと、カラーチェンジが当たりナイスバイトを2連発で出すもミス…。 
そこから潮の動きが変わりノーバイトが続くも終了間際に綺麗な潮目が入り、その潮目を狙ってドリフトで誘うとナイスバイト! 
キャッチしたのは50cmのキッカーでした!


最後に入れ換えに成功し3本2,200gで唯一の2キロオーバーで優勝することができました! 
二位には同じテスターの森本氏も入賞しワンツーフィニッシュをすることができました! 
刻々と変化する状況に上手くアジャストできたので結果、内容共に満足のいく大会でした(^^)


< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ