menu
ソルトルアー 桐生清仁

春告魚のメバルを求めて。

3月27日19〜21時。
天候は曇り、風は2〜3m。
水質は濁り、雪代の影響あり。
 
すっかり春らしく暖かい日が続くようになってきた今日この頃、
春告魚のメバルを求めて釣りに出かけました。
今回のメインラインは風があるのでアバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号を使用。
極細で強度も強く心強いラインです。

今日は風と濁りがあるのでメバルは浮いて無いと思い、初めからジグヘッド単体で攻めることにしました。
はじめはスイスイスイムジグヘッド1.5gにタイドビート1.5inch クリアレッドフレークを使用。
スイスイスイムジグヘッドの特性である水を受けながら引き心地を感じ、
タイドビートの小型シャッドテール波動でベイトフィッシュを演出し、中層をただ巻きで探るが反応はなし。
巻く速度を速くしたり遅くしたり工夫をしてみるも、反応がないのでフォールで誘ってみることに。
フォールの釣りで最近ハマっている、タイドリングヘッド1.2gにワームはタイドカーリー2.8inchをセット。
タイドリングヘッドはヘッドのリブ形状で水流をしっかり掴むことが出来るので、ドリフトの釣りに良いかと思いチョイスしました。
また、ワームのタイドカーリー2.8inchは、カーリーテールがしっかりとアピールしてくれるので、フォールの釣りで有効です。

キャストをしてフリーフォールでPEの浮力も上手く使い、流れに乗せて沈めていくとコッ!と小さなバイトが!
でも、フッキング出来ず。
バイトが小さいため、今度はキャストをしてラインのテンションを張りカーブフォールで流れに乗せていくとコッとバイトがあり、
合わせるとしっかり乗せることができました。合わせた瞬間、強烈な引きとパワーのある突っ込み!
これはメバルだと確信してドラグ調整を上手くし、キャッチすることができました。
サイズは28.5cm。筋肉質でかっこいいメバルです!

小さなバイトでも手元に伝えてくれるアバニ ソルトウォーターフィネスPE X8は感度はもちろんのこと、
軽いジグヘッドでもキャストしやすく飛距離もでます。
この後も同じやり方でメバルを4匹釣りましたが、サイズも小さく産卵前の固体もいたので速やかに優しくリリースしました。
 
これから春本番のメバリング!
是非、皆さんもメバルの強く豪快な引きを楽しんでみて下さい。

タックルデータ

ロッド JACKALL BRS-S68UL+LG
リール SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C2000S
MTCWチューニングモデル
ライン VARIVAS アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号
リーダー VARIVAS ライトゲーム ショックリーダー
[Tiフロロカーボン]
6lb.

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。