へら鮒 フィールドレポート

朝日池・甲南へらの池・加須吉沼

岐阜県 朝日池6号桟橋/平成25年6月16日/サンデースリー例会 19名
釣り人:道家利夫

釣り場の混み具合: およそ50%の入り
釣果・成績:60枚 19kg(1位)
竿・タナ・釣り方: 9尺 チョウチン 両ダンゴ
道糸: スーパーへら ピンク 0.8号
ハリス: 上鈎 プロバージョンV 0.4号 30cm/下鈎 同0.4号 40cm
鈎: 上下ともに グラン鈎 4号
ウキ: 彰作 ボディ8cm PCトップ

[使用エサのブレンド]
■両ダンゴ
単品爆釣A 240cc + 単品爆釣B 120cc + 水 120cc+ 単品爆釣A 120cc

[上記のエサブレンドを選んだ理由]
AとBの配合比率を変えるだけで、ほとんどのシーンに対応できるため。

[対応策]
ウワズリを感じたら「B」で、アタリが少なくなると「オールマイティ」で調整した。

[釣場情報]
小べら主体だが、ダンゴで良く追う。

滋賀県 甲南へらの池/平成25年6月22日/NHCへらぶなトーナメント関西地区予選 20名
釣り人:茂原明次

釣果・成績: 5.37kg(3位)※午前・午後 5枚ずつの総重量
竿・タナ・釣り方: 15尺 ノーマル底 両ダンゴ
道糸: プロバージョンV ブラウン 1号
ハリス: 上鈎 プロバージョンV 0.4号 45cm/下鈎 同0.4号 53cm
鈎: 上下ともに グラン鈎 5号
ウキ: 彰作 13番 細パイプトップ

[使用エサのブレンド]
■両ダンゴ
底釣り 100cc + 底一番 100cc + ペレ宙 100cc + 水 100cc

[上記のエサブレンドを選んだ理由]
ペレ宙を配合することで少しでも良型を狙った。

[対応策・エサの手直しの方法と理由・結果]
柔らかいエサしか食わなくなってきたので、元えさを手水で戻し、
「B」を加えてボソッ気をだしてやると良かった。
途中、両グルテンも試したら、比較的早いアタリで食ったので、その配合も参考に。
<やわグル 100cc + グルテンダッシュ 100cc + 水 200cc>

[釣場情報]
1位・2位は、両ウドンの底釣りでした。

埼玉県 加須吉沼 もみじ桟橋/平成25年6月23日/FBクラブ例会 50名
釣り人:黒田幸良

釣場の混み具合: およそ60%の入り
釣果・成績: 60枚 28kg(1位)
竿・タナ・釣り方: 16尺 チョウチン 両ダンゴ
道糸: プロバージョンV グリーン 1号
ハリス: 上鈎 プロバージョンV 0.5号 50cm/下鈎 同0.5号 65cm
鈎: 上下ともに グラン鈎 6号
ウキ: ボディ10cm PCトップ

[使用エサのブレンド]
■両ダンゴ
オールマイティ 240cc + グルダンゴ 240cc + 水 140cc + ベーシック 120cc

[対応策・エサの手直しの方法と理由・結果]
受けが弱いと「A」、逆に受けがきつすぎると「ベーシック」で調整した。

[上記のエサブレンドを選んだ理由]
上の魚に叩かれてもエサ持ちが良いため。

[釣場情報]
混雑時はやはりセット釣りが有利。

埼玉県 加須吉沼 もみじ桟橋/平成25年6月23日/FBクラブ例会 50名
釣り人:伊藤武夫

釣場の混み具合: およそ60%の入り
釣果・成績: 39枚 18.5kg(7位)
竿・タナ・釣り方: 9尺 60cm ウドンセット釣り
道糸: スーパーへら ピンク 0.7号
ハリス: 上鈎 プロバージョンV 0.6号 8cm/下鈎 同0.4号 33cm
鈎: 上鈎 グラン鈎 8号/下鈎 グルテン鈎 3号
ウキ: 忠相アローG Mサイズ

[使用エサのブレンド]
■バラケエサ
粒ペレG 60cc + バラケルペレット 30cc + 単品爆釣C 360cc +
水 150cc + 宙バラ 120cc + サラ 120cc
■食わせエサ
激丸(当日水分を抜いて、バラケルペレットをまぶしたもの)

[上記のエサブレンドを選んだ理由]
タナまで持つ配合バラケ

[対応策・エサの手直しの方法と理由・結果]
へらはいるのに食いアタリにつながらないため、バラケエサを抜く方向にしてよかった。
粒ペレG 60cc + 単品爆釣C 120cc + 水 180cc + 宙バラ 240cc + サラ240cc

< へら鮒 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ