投げ フィールドレポート

キスの投げ釣り最盛期へ!

皆さん、こんにちは。梅雨に入ってきた日本列島ですが北陸は梅雨入り前の好天が続き、遅れていたキスの接岸がようやく始まりました。
トーナメントに参戦した残りのエサがあったので地元の片山津海岸へ行ってきました。
午前5時に新堀川右岸に着くと平日にも関わらず多くの釣り人が竿を出しています。

私も早速タックルの準備をして開始です。
釣友の話では3〜4色(1色25m)でキスが着いているらしいので遠投は必要無さそうです。
今日のタックルは投げ竿33号、投げ専用リールに道糸はVARIVAS サーフキャスト投PE道糸 0.6号、力糸はVARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワー4号(テーパー部自作)、アタリが分かりやすいように錘は木錘25号に自作天秤を使用します。仕掛けはモトスにVARIVAS ハードトップ 1.5号 、ハリスはVARIVAS フロロMAX365 0.8号、鈎はキス鈎5号の8本仕掛けを使います。
とりあえず、少し沖目の6色いっぱいキャストして探ってみます。
少しサビくと竿先に鋭いアタリが出ます。追い食いを待つと再度食いアタリが入ったので回収です。
今の時期のアベレージ15cmほどのダブルで幸先の良いスタートです。

次は少し手前の4色からサビくと12cm位の小型キスとハゼの猛襲に会いポイント移動です。
キス釣りは同じサイズが釣れるなら出来るだけ近いポイントで釣れる場所を選んだ方が手返しが速く、効率の良い釣りが出来ます。
歩きながら他の釣り人の釣果を見ながら片山津インター裏まで来ました。他の釣り人の釣果を見るのはその日のパターンを知るうえで貴重な情報源となります。
片山津海岸の今シーズンは海岸の地形がガラッと変わり100mから手前が溝のように深くそこから沖は逆に浅くなっていてキスの着き場が例年とは違ってきているようです。
沖の浅場から4色にかけての掛け下がりから探ると錘が深場に入ったとたん「ゴンッ!」という重いアタリの後、竿先を引き込む強い引きに送り込むと、2mも走ったキスは慎重に取り込むと20cmオーバーの3連!その内1尾は24.5cmの良型で納得サイズ。


次も同じラインを引きますが3色で小型が釣れるだけ、群れがまだ小さいようで同じポイントでの連釣は出来ないようです。
少し戻りながらポイントを変えるとやはり4色で良型が釣れてきます。
これを繰り返し昼前までで約2.5kg、60尾の釣果でした(^_^)
今年の日本海はどこも海水温の上昇が遅くキスやアオリイカも遅れていますが、これからの海水温上昇による接岸に期待したいと思います。
私も7月初旬にある投げ釣りトーナメント全国大会に向けて調子を上げていきたいと思っています。

< 投げ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ