投げ フィールドレポート

第11回 かがキス釣り大会


モーリスも協賛している「かがキス釣り大会」が、8月5日に開催されました。
今年で11回目の開催となる本大会。
当初予定されていた7月は荒天のため延期となり、今回の日を迎えることとなりました。
延期となったため参加人数は若干減となりましたが、
県内はもとより遠くは静岡県や愛知県、富山県からも52名の選手にご参加頂き、
その釣技を競いました。

午前4時、まだ薄暗い中を会場の加賀市塩屋海岸駐車場には参加選手の車が続々と到着。

4時30分、辻口大会長から「今日は暑くなりそうですが
体調に気を付けて楽しんで釣りをしてください。」と挨拶がありました。
その後、私が競技ルールと諸注意を説明させて頂き
大会長の合図で5〜9時までの4時間の熱戦が幕を開けました。

天気は晴天、南西の風弱、波は0.5mと穏やかですが、
近況ではピンギス主体で数も少ないとの事で貧釣果が懸念されました。
私も審判としてロッドとクーラーを持って選手の皆さんの状況を見ながら釣り歩く事にします。
砂浜に出てすぐのポイントに入った選手はすでに小型のキスを2連で釣っています。

サイズは小さいですが数は居るようです。
通称ポール前と呼ばれる鉄板ポイントにはやはり多くの選手が入っていました。
私も仲間に入れて頂き、ここで釣る事にします。
私は早上がりをして検量をしなければいけないので、
数釣りは諦め大物賞狙いの一発大物に賭け遠投置き竿での待ち釣りスタイル!

お隣では一昨年の優勝者の西向さんが3連4連と数を伸ばしていきますが
7色いっぱいにある私の仕掛けには何も起きません!

仕方なく少しずつサビくと6色に入ってから微かなアタリがあり
回収すると小型が1匹だけ。
それからも2時間ほど遠投主体で釣りますが大型とは全く出会えません。
仕方なく作戦変更で皆さんが釣っている近投で釣り歩きながら本部に戻る事にしました。
さすがに皆さんが釣った後はキスが薄く、たまにしか釣れてきません。
8時に釣りをやめ、戻りながら皆さんの釣果をお聞きすると
意外と近投で大物が釣れてた様子で、
20cmを越すサイズも結構上がっていて検量が楽しみです!

本部に戻るとスタッフにより既に検量の準備が出来ていて選手の皆さんの帰着を待つばかりです。
8時45分、ようやく駐車場に帰着する選手の姿が見えてきました。
これからは一度に選手が戻って来られるので検量はてんてこ舞いとなります。
検量をしながら皆さんの釣果を見ると流石にエキスパート部門の方々は強豪揃いで、
この渋い状況の中、500g越えの方がいらっしゃいます。
スタッフのお陰で検量集計もスムーズに進行して、いよいよ成績発表&表彰式です。

女性・ジュニア部門は加澤さん優勝。
一般の部門は西出さんが初優勝、二位が坂本さん、三位が岡崎さん。
エキスパート部門は大野さんが優勝、二位が西向さん、三位が田中さんでした。
大物賞は西出さんが24.3cmを釣り上げダブル受賞!
その後は飛び賞発表の後、大盛り上がりのジャンケン大会で今年の大会も盛況のうちに終了できました。

釣果はトップで580gと開催延期によってキスの盛期を過ぎた事が影響して例年にない貧果となりました。
この大会ではここ数年トップは2kg越えの釣果をあげており、
選手もそれを楽しみに参加して頂ける方も多いようです。
来年7月に開催を予定しておりますので多くの選手の皆さんの参加をお待ちしております。

[使用タックル]
竿:シマノ キスタイプR405BX+
リール:シマノ キススペシャルMg
道糸:VARIVAS サーフキャスト投 PE道糸 0.6号
力糸:VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワー4号(自作テーパー)
モトス:VARIVAS ハードトップ2号
ハリス:VARIVAS バーマッス磯ゼロハリス1号
天秤:自作半遊動
錘:タングステン30号

< 投げ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ