投げ フィールドレポート

今年初の投釣り釣行。九頭竜川河口周辺へ。


5月1日、ゴールデンウィークの中日。ここのところ天候も良く、凪続き(m’□’m)
釣れても釣れなくても、竿を出す予定でしたので水温の上がる昼前くらいに現場到着。
風は、北西・波20cm。堤防先端から外側も河口側も30人づつくらい。
さすがゴールデンウィーク、釣り人の数が半端やないです。

でも、投げ釣りをしてる方は居ません・・・(やっぱまだ早いかぁ)とか考えながら、
この時期特有のポイントにクーラーを降ろし準備。
取り敢えず今年の初釣行なので、ぎこちない投げ方で[ ビューッ] っと5色の中へ
(1色25m)4色目がリールに入ったとたんブルルッ!(おっ当たった!)
そのままハンドルを半回転でブルッ!ブルルッ!
キス独特の首振りって感じです(☆。☆)

早く本年の初キスの顔が見たくて回収(o>ω<o) めっちゃ嬉しいです。
でもちょっと違和感(^・ェ・)  これも春特有のアタリは出るが乗らないパターン。

同じ場所に投げても、1発でスレる感じ。
数メートル左へ投げるがノーバイト。
右に投げるとアタリが悪く乗りづらい。
でも、天秤や仕掛けを替えながらポロポロとパラパラと釣れるので
後ろを通る釣り人が、(もうキス釣れるんですねって)声をかけてもらえる。
かなり派手なクーラーなので目立ちます。
(ちょっとしたコツで釣れますよ)って特別に難しい事では無いのですが、
わざとが技って言葉みたいな感じで釣りながらじゃないと説明しにくい(;^_^A

なんだかんだと、時速10匹ペースで釣れ続き
小さい子は、リリースしてΣ( ̄□ ̄;)
それでも鈎を飲み込んでしまったピンギスなどは、お持ち帰り。

トータル 43匹 この時期では立派な釣果となりました
リリースを入れると60匹は釣れてます(o^o^o)
仕掛けや天秤は自作品を使って誘導式でアタリが分かりやすくなってます。

———————————————————————————–

続いて、5月8日ゴールデンウィーク連休明け。
またも福井県 九頭竜川河口部分に釣行。
南西の風微風、波20cm。

柳の下になんとやら(^_^;)・・・
が・・・柳の下にはゴミしか有りませんでした。
場所移動で鷹巣漁港へ行ってみると先行者が数人Σ( ̄□ ̄;)
数投したもののガッチョ(メゴチ)の猛攻!!!

時間も時間なので、最後に鷹巣海水浴場へ。
とにかく先日、荒れた後なので期待薄。
とにかく前に見えるテトラ際に果敢にトライ!

4色半からゆっくり、ゆ~っくりリトリーブ(m’□’m)
3色に入った所で、フッっと(あっ!)
ブルッ(居るわぁ)
ブルルッ!(おぉ~キスやぁっ!)

回収すると中型のダブルから始まり、だんだん段々と魚が近くなる
5連6連とピンギスが混じりながら中型も釣れます。
最後には半色でパラパラ釣れるくらいでした。

シーズンを間違う様な日でしたが(^・ェ・)やはり春ですね。
釣れるポイントは難しいです。
この日は時速10匹ペースを上回りました。

感度の良いライン、潮の流れに影響されにくい細くて強いライン、
今回もVARIVAS投げPE 0.6号でしたが、
もうワンランク細いラインが欲しいです(☆。☆)
そうすると、クラス最強最細の称号はVARIVAS に間違い無い!!!
でもPE投げ0.6号なら、最細最強は間違い無し!

< 投げ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ