船 杉田 千紘

解禁!!外房大原港からショウサイフグ釣りをご紹介。

皆さんこんにちは、バリバスフィールドテスター杉田 千紘です。

9月4日一部解禁したての大原港の利永丸さんからショウサイフグ釣りへ行きました。
9月1日に解禁してから、状況は好調との事なのでとっても楽しみです。
午前4時30分頃出船。ポイントまでは20分ほどで到着しました。
まだ暗い内から釣りスタートです。

今回のタックルは竿がフグ専用竿、リールは小型両軸リール、
PEはVARIVAS クラウン船 PE X8 1.5号
リーダーはVARIVAS ハードトップ 船ハリス 5号を3メートルつけました。
外房のフグは大型が多い事とアカメフグやトラフグなどの大物もかかる可能性があるので、
気持ち太めのラインを使うようにしています。
餌は船宿さんで買えるアオヤギと、持参したアルゼンチン赤エビ、このエビが効果抜群なんです!
仕掛けは船宿特製仕掛けのダブルフックの仕掛けです。

さあ釣りスタート!
水深は15〜20mと浅めです。
着底したらテンションを張りながら底へゆっくり落としたり、
アタリをまったり空合わせしたり色々とこの日のフグのパターンを探ります。
そしてククッとアタリがあったらすかさず合わせます!
シュッ!かかった〜!!この日一匹目は開始15分ほどで釣れました。


船でもポツポツと上がり始めます。サイズもまずまず。
今日は良い日なのではないか!?期待大です。
1時間ほどやって、ポツポツと釣れてこの時点で8匹ゲット。
さあポイント移動です。

次のポイントは少し根が深い所です。
船長からは「根がかり気をつけてね〜」とのアナウンス。
気を引き締めて投入!
こういうポイントでは頻繁に底取りをして根がかりしないよう気を付けます。
トン、シュッと誘っているとグッと竿先にのしかかる重み!

「きた!」合わせて上がってきたのはなんと大型のアカメフグ〜!!!
寝かせて食べたら絶品の高級なフグです。
嬉しいゲストに喜びが溢れます!

そしてポツポツとコモンフグも釣れます。
こちらはこりこりしていて美味しいショウサイフグ釣り定番のゲストです。

さあこのポイントでも数を伸ばせて15匹。
竿納めまでは後1時間。何とか20匹に届きたい所です。

1日を通してエビ餌に反応が良かったのでアオヤギとエビ餌をサンドするようにしてカットウ針につけます。
気合たっぷり再投入!

ポツポツと数を追加して4匹追加する事が出来ました。
1時間で平均ペース3〜4匹という感じでしたがこの日の釣果は19匹でした。

この日1番釣った人はなんと37匹!!
力の差を見せつけられました…!!

1日で40匹近くも釣れるなんて解禁日明けという事と技術もありつつ凄いことですよね。
私でも20匹近くも釣れて、さらに1種類だけでなくたくさんの種類のフグが釣れたのでとっても楽しむことが出来ました。


当日に食べても美味しかったですし、寝かせて食べたフグも絶品でした〜!
皆さんも解禁明けの今、爆釣チャンスのフグ釣りに是非挑戦してみて下さいね。

フグの餌付け方や釣り方は私のyoutubeチャンネルでも解説しておりますのでそちらかも是非見てみてください!
『大原フグ解禁!!ショウサイフグ釣り 初心者入門 フグの釣り方講座 【利永丸】解禁直後の釣果はいかに?』