船 宇田川 亘

大型アマダイ苦戦

冬の風物詩として知られているのがアマダイ。つぶらな瞳と綺麗な衣を身に着けています。千葉県小湊地区では数は少ないものの、50cm級の大型も上がり釣り人を熱狂させています。私が所属するクラブの1月例会が24日に開催されました。少し遅いですが、今回はそのレポートです。

乗船したのは南房総小湊港の伊豆丸。仕立て専門の船宿で、今回は8名でお願いして6時に無風・ベタ凪・快晴の海に向けて出船。ポイントは航程40分の太海沖で船長の「水深は85mですどうぞ」の合図で投入開始です。

今回の道具は汎用竿に中型電動リール、道糸はスーパーフッ素コーティングによりガイドとの摩擦抵抗が減少し、仕掛けをスムーズに素早く棚に送り込むことができる10×10船プレミアムPE。誘導型テンビンに、仕掛けは実釣から導き出された確実に獲るためのプロ仕掛け「船仕掛け、アマダイ」、その中からスタンダードをチョイス。予備の仕掛けのハリスは安定した品質とさばき良さで、あらゆる船釣りに最適なハードトップ船ハリス。ハリは抜群のハリ掛かりを生み出す「二段カエシ」のジークABL真鯛を使用しました。



ハリにオキアミと奇跡の海老を真っ直ぐに付けて投入。この奇跡の海老、オキアミより高価ですがエサ持ちがよく特に頭が取れにくいので、今後コマセのハナダイ・マダイや、エビハナダイに使用して検証する予定です。
80号のオモリに引かれた道糸は真っ直ぐに落ちていきます。しばらく流しますが、本命のアタリは全く無くエサ盗りすらありません。潮が全く流れていなく、エサがそのままで上がってきます。アタリの無いままの時間が経ちましたが、少し潮が流れたのか外道のアタリが出始め大型のムシガレイが船中で何枚か上がると本命が登場。右舷大ドモの小笠原氏、左舷トモ2番の武田氏が30cm超えのアマダイを釣り上げました。


小さな根の周りを流しているのか時々根掛かりがありますが、オキメバルやオニカサゴがアタリを伝えてきます。



本命からのアタリは続き秋山氏の後に私にも27cmと小型の本命が。しかしポイントが小さいのかアタリはなくなり船長は潮周り。


大ドモの田中氏がカイワリに続いて本命のアマダイ、そして小笠原氏が小型を2尾追加。私に32cmが釣れましたがその後アタリはなくなり11時半の納竿を迎えました。


船中の釣果は22~35cmが0~3尾。40cm超えの大型は出なかったのが残念でした。
また私以外の会員はハナダイ・キダイ・小アラ狙いでアミコマセを使っていましたが、ポイントが違ったのか小型のキダイが数匹。私の釣果は前記したように27・32cmの2尾で、
全て奇跡のエビに掛かってきました。

アマダイ釣りは2月一杯で終了し、マルイカやイサキに代わります。
気の合った仲間で釣りができる仕立て船、仲間を誘って楽しんではいかかでしょうか?

[当日のタックル]
竿  :ダイワ Aグリップ サソイ H190
リール:シマノ フォースマスター 800
道糸 :VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 300m
仕掛け:VARIVAS 船仕掛け「アマダイ」速潮対応・スタンダード/ハリ4号/ハリス3号
ハリス:VARIVAS ハードトップ船ハリス 3号
ハリ :zeek ABL真鯛 8・9号
天秤 :ヤマシタ 船テンビンK型遊動 40cm
    クッションゴム ヤマシタ 厳選ゴムヨリトリ真鯛 1.75mm 50cm
オモリ:80号
その他:VARIVAS PEにシュッ! [プロ仕様]
    VARIVAS 「ピンオンリール」
    VARIVAS 「ドライアーマー コンビネーション ウインターレインスーツ」
    VARIVAS 「フリース」
    VARIVAS 「ニットキャスケット」
    VARIVAS 「ネックウォーマー」
    VARIVAS 「キャップストラップ」
    VARIVAS 「ライフジャケット ポーチタイプ」
    VARIVAS 「ストレッチフィットグローブ5」
    VARIVAS 「ヒップガード」
    VARIVAS 「ロッドベルトS」
    ヤマシタ 5連サルカン 1/0
    八洲電業 Fishing CUBE 14.8V 15A バッテリー

[船宿]
外房 小湊港 伊豆丸
Tel. 04-7095-2488