船 フィールドレポート

フグのカットウ釣り、アルゼンチン赤海老で攻略!

10月下旬、外房の大原港敷島丸さんからフグ釣りへ行ってきました。

湾フグ釣りは何回も行ったことがありますが外房のフグ釣りは久しぶりなので、たくさん釣れるかドキドキしながらいざ出船です! 今回使用するタックルは、小型両軸リールにVARIVAS 小船マスターPE LS4 1号を巻いて、リーダーはVARIVAS ハードトップ 船ハリス 5号を使用しました。竿はフグ専用竿を使用しました。

餌は船宿でもらえる青柳といつも湾フグで使っているアルゼンチン赤海老も持参しました。

出船してポイントまでは約45分ほど。水深20m位からのスタート。まずは餌は青柳のみで、着底してから5秒待ち空合わせ。そしてすーっと竿を持ち上げてまたゆーっくり底まで落とす。そしてアタリを待って、アタリがこなければ空合わせを繰り返します。すると早速! 1匹目キャッチ~!!

小さなアタリを確実にキャッチして小ぶりなショウサイフグをキャッチできました!
そしてポンポンとアタリが続き、あっという間に8匹ほどキャッチしたところで船中のアタリが止まります。。

そこで持参したアルゼンチン赤海老の出番なのです!! 青柳をカットウにつけてサンドするようにカットした赤海老をつけて最後にまた青柳で止めるような付け方をしてエビでアタリを誘う作戦に変更です!

釣れるのか!?!

投入して、アタリを待つ…ガツッ!!!

すぐに大きなアタリがあり合わせるとギュンギュン引きます!!!! 上がってきたのは今日一番の大きさのデカフグでした!このような大きなフグが掛かったときのために少し太めのリーダーを付けているのですが突然のギュンギュン引きもしっかり支えてくれました。ハードトップ 船ハリスは緑カラーで魚の警戒心をあたえないのでそーっと船底に餌を落としたときにすんなりフグが食いついてくれることが多かったです。

そしてエビ餌も外房で有効かもしれません。その後も釣果を重ねて結果は15匹でした!

フグ釣りは繊細な釣りものですが小さなアタリを取ることも大切ですが突如襲い掛かるデカフグのアタリに備えてしっかりと強度を持つPEやリーダーで挑めばバラすことなくたくさんのフグをキャッチできるのではないでしょうか!? 私も今回の釣行ではバラし0でした!

まだまだ仙人級の方の釣果には及びませんが、バラしを減らしてこれからももっと釣果アップ目指して頑張ります!


杉田千紘 釣果

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ