船 フィールドレポート

ナナマルがゴツン・・・明石海峡平磯沖のシャロー

このところチョット良い感じのタイラバです。ボウズチャンはなくて、1~2匹だったり、あっ、少ないですけど、別の日は5匹釣り上げたり、バイトもわりと良く出て、良い感じの理由は分からないけどまっ、自分なりのリズムに乗ってるかな、、、

7月30日。この日も兵庫県垂水の虎ノ介の午後便でタイラバ。席は左舷胴の間。この日の船長の狙いはシャロー攻め。ただ、夕方くらいから南風が強く吹く予報なので勝負は早めに。

と、言うことで、最初の潮流しは平磯沖のシャロー。水深25m。流して直ぐにミヨシのお二人にダブルヒット。気色だったけど上がったのはホウボウ。45センチくらい。ゲストとしては嬉しいサイズ。

ここで2~3回潮上りしたけれど、マダイの反応がないようなので淡路島寄りのディープへ。水深60mからの駈け上がり。

ここまでのチューニングはとりあえずオレンジカーリー。ヘッドはTGの100グラム。PEラインは「アバニ ジギング パワーブレイドPE X8」の0.8号をベイトリールに300m。リーダーは海の色に馴染むフロロライン「ハードトップ 船ハリス」の4号を3m。

しばらく反応がなかったけれど、トモの人に35センチ。ミヨシではバイトだけ。自分にはバイトもない。チューニングをオレンジのイカタコカーリーに替えて巻き巻き、巻き巻き。

底から10mほどでぴょんぴょんぴょんと、初の反応。竿先を軽く弾きながらチャリコが上がってきたがリリース。次もプルプルと小さなバイト。でも、反応があるので、しばらくイカタコで巻き巻き。

船が大橋付近を流し、元の淡路寄りを流し、ときどきタモが出る。が、自分はなおもバイトなし。

う~ん、良い感じやったけどうまいこといかんなあ、、、
ネクタイを赤と茶のツートンに替えて、と、底でコツ、とアタリ。タイラバの友、ガシラ君。

前回はこのツートンネクタイで55センチ釣ったけど、この日はガシラ君。

そして、無反応の時間が続いてオレンジカーリにチューニング替え。と、ガツガツゴツゴツ。ジジジジジとドラグが出て、タイが反転してフッと軽くなった。良くあることとはいえ空を仰いでしまう。

で、ちょっとトイレへ。リンゴパンを食べて、塩飴舐めて。午後の紅茶を飲んでなにやかやとしている内に南風が吹き出して船が再び平磯沖のシャローへ。水深23m。たぶん、残された時間は少ない。

ずいぶん迷ったけれどネクタイに厚みがあって、波動の出やすいツートンネクタイに替えた。

そぅ、この日ガシラが喰い付いたヤツでもあるし前回55センチが一発で喰い付いたヤツ。

ヘッドはTGの80グラム。巻き巻きをしたが反応なし。弱気になってネクタイを替えようかと、回収しかけたけれど、ベイトがイワシ。ツートンネクタイは厚みがあるので波動が大きく出る。マッチザベイトかも。もう一回このままで、という気になってチョイ投げて、果たして、底取り2回。巻き巻き、巻き巻き。

ごつごつ、ゴツンッ。重いアタリが出てドラグがジジジジジ。
いつまでも、ジジジジジ。ラインが斜めに出て青物??いや、竿先の叩き具合は、マダイ。

巻いても、巻けない。ドラグをじわじわと締めつつ、危険。これ以上はダメ。レッドゾーンギリギリ。出ては巻いて、出ては巻いて。

深場のタイなら浮き袋が膨れて徐々にでも上がってくるが、23mのシャロー。もろに暴れて、危ない危ない、けど、オモシロイ。紅色の魚体がようやく浮いて、タモに入ったのがナナマル。70センチ。

2段目のハリ1本が下唇に刺さってる。チョット喰い付いてみたらって感じの掛かり方、かな。ともかく、ネクタイをチェンジしなくて良かったです。

 で、写真をって、顔出しNGではありませんよ~~~~。

全貌はこれ。タイラバで3匹目のナナマル。船長のシャロー攻め成功。二人ともアドレナリン全開でありました。

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ