船 フィールドレポート

明石海峡でタイラバ・・・ちょっとイイ感じ!

7月18日、兵庫県垂水の虎ノ介でタイラバ。ポイントは明石海峡~淡路島周辺。流し方はバーチカル。ヘッドは60~90グラム。潮の流れが速いので、できればタングステンを用いる方が仕掛けが流されずにすむ。

リールは小型ベイトリール。エサの流れ具合でタナが変わるのでカウンター付きが便利。ラインは「アバニ ジギング パワーブレイドPE x8」の0.8号を300m。ロッドは「紅牙 EXAGS 65MB THRILLGAM」。4号のリーダーを3mとって、80グラムのヘッドに赤とオレンジのネクタイ。

この日の最初の潮流しは垂水沖。相客さんは6名。人気の虎ノ介にしては少ない。雨模様の性かな。私は左舷胴の間に席を取って、一流し、二流し。早速、左舷トモでヒット。35センチくらいのレギュラーサイズが船長のタモに入った。そして、続けてもう1匹。

こんな時は、ガン見、、、、ですね、ネクタイはオレンジ系。いつもよりボリュームが太い。巻き方はかなり速くて、、、、と、チラ見を続けていると、底10m位で私にもアタリ。竿先をコンコン弾くようにして上がって来たのは、チャリコ。手のひらサイズなので放流。

とりあえずは反応があったのでチューニングはそのままに、巻き巻き。
巻き巻き。

仕掛けの落とす速度を調節したり、巻き速度を変えたり。そして「底5mに映りありです」と船長の声。底を取り直して、巻き巻き。
巻き巻き。

ゴツゴツ。
ゴツゴツ。
手応えがハッキリ伝わって、30センチサイズ。これで、1匹目。

そして、船が潮上り。底10m位でガツガツ、ゴンゴン、ゴン。おっと、それっきりでフックアウト。直ぐに同じタナでガツガツ、ゴンゴン。ちょっとエエサイズ。伝わってくる重さが違うが、5mほどやり取りしてフックアウト。

ハリ先が鈍ってるのか掛りどころが悪いのか。気分転換も兼ねてハリを「ジークABL 真鯛」のシルバーに替えた。掛けバリは10号。2段目を8号にして、曇り空なので海の中も暗いはず。ネクタイを明るいオレンジカーリ-に変更。アクセントに赤の細ストレート。

と、底5mほどでゴツンゴツン。今度はバレないようにゆっくりとリールを巻いて、タモ入れ。掛けバリがマダイの閂(かんぬき)に掛かっていた。2匹目。

その後、淡路島の西側へ移動して、ここは波立ちはさほどでもないが、南風がかなり強い。

巻き巻きをしていると竿先が風でぶれる。潮上りのタイミングも速い。風をまともに受けるミヨシで連続ヒット。やはり35センチほどのレギュラーサイズ。

こんどは、チラ見、、、、、と、底10mでガツガツ、ゴン。船が潮に流されるので魚が重量感を増す。50センチ超えかと思ったけれど、40センチほど。続けて30センチ。これで4匹目。

そしてフックアウトが2~3回。
残念だが、でも、いつもより反応というかアタリが多い。オレンジカーリーに替えて色とボリュームが合ったのかも知れない。

それにしても、ますます風が強くなりラスト流し2本。底15mでゴゴゴン。35センチサイズ。5匹目。

果たして、ラストの流しでもう1匹。竿先がグンと持ち込まれ、おっ、おっ、おっ、根掛りぃぃ、、、、。

最後にラインブレイクしてしまったけれど、釣果は40センチまでのを5匹。

これって、ちょっとイイ感じじゃないですか。

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ