船 フィールドレポート

東京湾のシロギス快釣

海の女王と呼ばれるシロギスが東京湾の浅場で釣れ始めました。冬の間に深場で越冬し、水温上昇とともに浅場に移動して産卵をします。その産卵前に栄養を取るため活発にエサを追います。数年前まで東京湾はシロギスが湧き、連日竿頭は一束を超えて時には三束近い釣果も出ていました。近年は最盛期ほどではないですが、トップ5・60尾が目安でしょうか? アタリもハッキリして釣り味も良く、透明な刺身は甘く天麩羅はホクホクとして食味でも人気があります。

この東京湾のシロギスを狙って、私の所属する釣り会の例会が5月24日に開かれ、今回はそのレポートです。船宿は木更津港の宮川丸、会員12名で船を仕立てての釣行です。出船は7時なのでのんびり釣行。抽選で私の釣り座は左舷トモ、初めのポイントは近場なので早々に道具の準備をします。

専用竿に小型スピニングリール。道糸はあらゆるジャンルに対応する新製品のハイグレードPE マーキングタイプⅡ X8。ショックリーダーはハードトップ船ハリス、キス用遊動テンビンに仕掛けは、実釣から導き出された、確実に獲るためのプロ仕掛け「船仕掛け シロギス」東京湾用。予備の仕掛けは、強さと耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高性能万能ハリスのハードトップ ティーアイニックスで、ハリは8・9号を使用しました。


7時前に出船した船は富津寄りの8mで投入合図が出ました。ここでは早々に右舷で型は見たもののその後アタリは全くなく、今度は防波堤の内側で釣り開始。するとポツポツですが本命が顔を出し始めました。20m程前に投入して着底後、少しずつ竿を煽りながら仕掛けを手前に移動させて誘います。すると竿先を抑えるアタリ。少し送り込んでから合わせるとハリ掛かり。巻き上げ途中は時々強く引き込みます。水面には20㎝の良型キス。次の投入では「プルプル」と小さなアタリで15㎝と好調。さすがに高精度の「耐破断工法」で8本の原糸を撚り上げることで、安定した高強度を獲得した道糸。小さなアタリも敏感にキャッチできます。

船中でもポツポツと釣れていましたが、ポイントを前日良かったと言う盤洲沖へ移動すると更にアタリは増えて会員の顔にも笑顔が。



中には20cmを超える良型を釣り上げ溜飲を下げる人も。



私は大ドモの有利さを最大限に利用して、左右に投げ分けて釣り一時入れ食いも堪能しました。この日は日差しが強く日中は30度を超える真夏日、エンジンを止めての流し釣りではバケツの水の温度が上がり、シロギスが白く茹で上がってしまいます。小まめに海水氷の効いたクーラーに移すのが美味しく食べるコツです。

途中アタリが遠のいたのでアクアラインを潜って水深3m程の超浅場に移動しましたが、前々日の大雨で真水が海に入って濁りが入り切れたアマモが道糸に絡まります。また潮目に固まるアカグラゲの多さに驚き、本命のアタリの少なさで再び盤洲沖へ戻り、良型混じりで釣れる中13時半に竿を納めました。

船中の釣果は15~23cmが7~79尾。東京湾では貴重となったメゴチとイイダコが混じりました。私の釣果は79尾で20cm以上が16尾で大満足。やはり浅場ではアンダースローで少しでも遠くに投入して広く探る釣り方が有利でしょう。

この釣行日後も東京湾のシロギスは軽快なアタリを伝えています。基本さえ守ればお子様でも手軽に釣れるターゲットです。今度の休日にいかがですか?

[当日のタックル]
竿  :シマノ バイオインパクト キス 180M
リール:ダイワ FREAMS LT 1000S
道糸 :VARIVAS ハイグレードPE マーキングタイプⅡ X8 0.8号 100m
先糸 :VARIVAS ハードトップ 船ハリス 3号 2m
仕掛け:VARIVAS 船仕掛け シロギス 東京湾用 ハリス1号 90cm
ハリス:VARIVAS ハードトップ TiNICKS 1号 90cm
ハリ :キス 9号 金ビーズ付
その他:誘導式片テンビン オモリ15号を使用(潮が速いと20号)
    VARIVAS PEにシュッ![プロ仕様]
    VARIVAS 結びにシュッ!
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
    VARIVAS クールマックスジップシャツ
    VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
    VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
    VARIVAS ヒップガード VAHG-02
    VARIVAS ストレッチフィットグローブ5 VAG-08 ホワイト
    VARIVAS ロッドベルト S

[船 宿]
東京湾 木更津港 宮川丸
Tel. 0438-23-4891

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ