船 フィールドレポート

小湊沖のマルイカ

昨年爆発した外房小湊港のマルイカが、今年も好調に釣れだしました。開幕当初は釣果も水深も不安定でしたが、5月になって水深も40m前後と浅くなり、釣果もトップの平均が40杯、ベテランとなると三桁の釣果を出しています。

そこで5月7日に武田・秋山両氏を誘って小湊港の小沢丸へ向かいました。現在のマルイカ釣りの主流は、直結仕掛けによるゼロテン釣法です。今回は私もゼロテン用の竿を購入しての今季初釣行、期待と不安の中船宿へ。マルイカの人気は絶大で、集合の5時には9名が集まりました。全員が揃ったところで釣り座の抽選、我々は右舷のミヨシに決定。船の待つ港まで移動。乗船が可能となると道具の準備をします。

竿はゼロテン用の専用竿。小型両軸リールには、伸度4%台を実現したことにより今まで見逃していたアタリが取れるようになった小船マスターPE LS4。先糸・仕掛けは、安定した直線強度と結節強度を合わせ持つハードトップ 船ハリス。ツノとの結束はY社のYSスナップ RS、オモリは潮に合わせて40・50号を使いました。


始めは港前の水深39mで開始。先行していた僚船の釣り人が取り込んでいるのを見ながら、着底後竿で叩いて仕掛けを躍らせてゼロテンション状態でアタリを待ちます。アタリは微細で竿先が揺れたり叩かれたりと様々。アタリを確認できたときに竿を立てます。何度か誘ってもアタリがないので、10mほど巻き上げてから再び海底へ仕掛けを落とします。すると竿先が少し揺れ、素早く合わせるとオモリ以上の重さが加わって巻き上げ途中に時々引き込みます。仕掛けを手繰ると上から3番目のチビエビ系のツノに20cmのマルイカが付いていました。船中でもポツポツと釣れ同行の武田氏も小型のマルイカをキャッチ。秋山氏は半直・半ブラ仕掛けで一荷釣りを達成。


朝の流しは好調で仕掛けを落とせばマルイカが触ってくる状態が続きましたが、上手く掛けられずに墨だらけのツノを回収したり、触手だけ切れて上がってきたりとマルイカの数が増えません。このチャンスタイムに何とか8杯をチャッチできましたが、他船では入れ掛りを演じている名人級の釣り人もいましたよ。

よくアタリツノというのがありますが、この日は1杯目がチビエビ(ZKPY)、次はGE赤帽ケイムラ、その後80%がネオンSP2(PK-GR-PR/KM)に乗ってきました。


そこで中盤から調子の上がらない秋山氏に予備をプレゼントすると、これが大当たり。流し毎に釣り上げて、終盤の追い上げにはビックリで納竿時には27杯。私も終盤に何とか挽回して何とか28杯でした。


船中の釣果は10~35cmが1~28杯でしたが、僚船のトップは一束超えの釣果でビックリ。上には上がいますが、我々はマダマダ未熟なようです。その後もマルイカは安定して釣れています。昨年も5月末には大型も釣れていました。小湊沖のマルイカ釣り、ポイントも最短は5分程と近場です。私のマルイカ釣り、まだまだ修行は続きそうです。

[当日のタックル]
竿  : 工房 哲 マルイカ 147
リール: ダイワ ヴァデル ベイジキング 100SH
道糸 : VARIVAS 小船マスターPE LS4 0.8号 200m
リーダー:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 5号 2m 
ハリス: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号 1.2m 6本ツノ仕掛け
接続 : ヤマシタ YSスナップRS・マルイカ直結ビーズ
ツノ : ヤマシタ チビエビ5・チビイカ5・チビトト4・チビエビ3.5
     ダイワ ミッドスッテ等
オモリ: 景山スピードシンカー 40・50号
その他: VARIVAS PEにシュッ![プロ仕様]
     VARIVAS 結びにシュッ!
     VARIVAS ピンオンリール
     VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
     VARIVAS クールマックスジップシャツ
     VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
     VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
     VARIVAS ストレッチフィットグローブ5 VAG-08
     VARIVAS ヒップガード

[船 宿]
外房 小湊寄浦港 小沢丸
Tel. 04-7095-2428

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ