menu
フライ 吉田 俊彦

FHTリーダー釣行記・神流川のハコスチ編

報告:吉田俊彦/釣人:吉田知来

今回のテストフィールドは群馬県上野村の神流川冬季ニジマス釣り場。神流川は関東一の清流と言われている。
そこには「ハコスチ」と呼ばれるスチールヘッド系のレインボートラウトが放流されています。
そこで重いニンフや大型ドライも楽々運べるVARIVASのFHT(フロント・ヘビー・テーパー)リーダーを使用したハコスチ狙いのフライフィッシングのレポートをお届けします。

【そもそもハコスチとは】
群馬県水産試験場は「引きが強く、美しいニジマスを」とのニーズに応えて、
野性味の強いスチールヘッド系の雄と、群馬県産の箱島系ニジマスの雌を交配し釣り用に特化したニジマスを開発。
この従来とは一線を画すパワーとスタミナを持つニジマスを、平成28年に群馬県は「ハコスチ」として商標登録しています。
釣り人期待の強化タイプの養殖ニジマスと言えるでしょう。

【なんとドライフライに好反応】
日曜日に長男の知来と2人で上野村にある冬季釣り場にフライで釣行。
自宅の入間市から秩父を経由して国道299号利用で午前9時半に釣り場に到着。
漁協事務所で遊漁券(日釣2,000円)を購入するとすでに50番目後半でした。さすがの人気釣り場ですね。
上流側から見ていくと、大きな魚影の見える好ポイントには必ず先行者がいます。
フライマンはマーカー(フライ用のウキ)を使用しフライを沈めるニンフ釣法が圧倒的多数です。
河原の駐車区間の最下流まで歩き先行者に入って良いか挨拶してから釣りを開始しました。
私は警戒心の強い大型を狙ってVARIVAS テーパードリーダー エキスパート スティルウォーター FHT[ナイロン]3X 14ft.を使用。
さらに、4Xティペットを2ft.足して全長16ft.の先にニンフフライを結びました。
釣り始めて間もなく、40cm級のニジマスがヒットしましたが引きの強さから判断して残念ながら狙いのハコスチではなかったようです。

11時を少し回ったところで、ドッシャンと派手な水音に思わず振り向くと、息子のロッドがぐんぐん曲がりラインも引きだされています。

そしてまた目の高さほどの大ジャンプ。
方向を変えながら強烈な引きとジャンプを繰り返すのは正にハコスチのファイトです。
十分に時間を掛けてやり取りし、寄ったところを私がランディング。レッドバンドも鮮やかなヒレピン46cmのハコスチでした。
使用フライはまさかのドライフライ#10のカメムシ。鼻先にポトンと落とすと反射的にライズしたそうです。
大物にはベタ底でニンフが有利と思い込んでいた私にとっては青天の霹靂です。
それからドライフライに変えて午後3時までに5本のヒットがありました。

使用ロッドはVARIVAS モーリスグラファイトワークス Power Trail[パワートレイル] #6。
しっかりしたティップとウルトラスムーズなスピゴットフェルールのおかげでロッド全体がきれいに曲がりバレ難いのが特徴です。
風が止めば初冬でもハコスチのライズゲームが楽しめる上野村のC&R釣り場は貴重だと思います。バーブレスシングルフックが釣り場のルールです。
また魚を持って写真を撮る時は、冷たくても必ず手を十分に濡らしてからにしましょう。

【上野村冬季釣り場】
ルアー・フライ・テンカラ釣り可
期間:2021年10月16日から2022年2月23日 全区間C&R
料金=2,000円、女性1,500円、中学生300円、小学生以下無料
※問合せ=上野村漁業協同組合 電話=0274-59-3155 https://www.ueno-fc.com/winter

 
 
 
 
 
【反射食いを誘発するFHT設計のVARIVASテーパーリーダー】
今回使用したリーダーはVARIVASエキスパートスティルウォーターFHTリーダー。
独自設計のFHTすなわちフロントヘビーテーパー効果で、
風の中でも大きめのフライを確実にターンさせドリフトをコントロールすることが可能です。
オーバーターン気味にフライからポトンと着水する音には
トラウトの反射食いを誘う効果があると思います。
あなたも是非FHTリーダーでハコスチに挑戦してみてはいかがでしょうか。(了) 



ヒットフライ紹介
【カメムシドライ】
フック:VARIVAS 2130V-BL DRY&NYMPH Fine Wire V-Cut Barbless #10
オーバーボディ=イエローフォーム
ボディ&テイル=ピーコック 
ボディハックル=コックサドルダン

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。