バス 田中次男

モスキートがシリーズ化されてる理由!

 6月5日に開催された三重チャプター(青蓮寺ダム)に参戦してきました。
 前日プラで湖を見てまわり、今回メインになりそうなアフターのバスを発見。
 サイズも揃っており、比較的反応も良い感じでした。

 

 しかし、リザーバーのアフターの多くはカバーなど障害物周りに居てます。
 色々と試していくうちにライトリグでないと口を使いにくい…。
 しかし、フッキング性能を上げるためにガードは柔らかいものにしたい…。
 あまりカバーの中にライトリグを入れても捕れないかも…。
 など考えながらモスキートシリーズを場所に合わせ試してみました。
 カバーの種類やワームの形状によりモスキートの種類をチョイスすること、これはモスキートがシリーズ化されているからこそできるセッティングだと思います。
 

 GRAN Nogales モスキートシリーズは4種類。
◎モスキート
◎モスキート ヘビーガード
◎モスキート モンスター
◎ワイルドモスキート
 になってますが、さらにフックのサイズ別を考えると組み合わせは膨大になります。
 この中からベストを導き出すことができれば、狙いのバスを捕ることができるでしょう。
 そして、もう一つ重要なのが、ワームのアクションを最大限に生かすためのラインです。
 今回はノガレスから発売されているトーナメントスペシャルライン!
 GRAN Nogales デッド-オア-アライブ[フロロカーボン]4LB.を使用しました。
 この組み合わせの結果、狙いのバスを釣ることができました。