バス 田中次男

フックとラインのバランス

 
 ライトなダウンショットを使用するとき、また小さなワームを使うとき、マスバリをチョイスされる方をよく見かけます。確かにオープンウォーターでは、有効だと思いますが…

 リザーバによくあるブッシュや立ち木周りをマスバリのダウンショットて攻めるにはリスクがありすぎます。結果的にタイトに攻めることができなかったりします。
 そこで、おすすめのフックが Nogales フッキングマスター ライトクラスです。基本的に細身の3インチ~4インチには#4がいいでしょう。このフックは線径が細く、3LB.ラインでもマスバリを使用してるかのようなフッキング率があるのです。

 もちろん、オフセットフックの特性を生かしカバーをタイトに攻めることができ、小さめのサイズを使うことで根掛かり回避が簡単におこなえます。バイト以外の違和感を感じたら、細かくシェイクをしながら軽く引くと意外に回避できます。それでいて、マスバリのようなスイープなフッキングでもガッチリ刺さります。

 

 この Nogales フッキングマスター ライトクラスの線径の細さはフッキング率が上がりますが、ラジペンなどで無理に外そうとすると…曲がってしまったりします。このような時は本来の性能を低下させないために、必ず新品に交換して頂きたい。このフックのバランスは線径から形状までNogalesの計算された製品だからです。
 ダウンショットの場合は、以前“ヘビダンシステム”として紹介させてもらったように…スイベル(ヨリモドシ)を使いストックしておくと交換が容易におこなえます。
 ラインに関しては、Nogales デッド-オア-アライブ[フロロカーボン]3LB.、スイベルより下部分はVARIVAS ガノア アブソルート3LB.を使用しています。この二種類ラインの組み合わせは、相性がよくVARIVAS ガノア アブソルートをリーダーとして使用することで高次元の安心感を得ることができます。

 

 今回の試合内容は、ブッシュに入りサスペンドするアフターをダウンショットのフォールで狙うと言う作戦でした。スポット的には深さのあるブッシュの先端だけ反応がありました。
 シンカーにはNogales ゴブリンバット1.2gが反応よくこの日のベストなウエイトだったと考えられます。

 結果的にこのラインとフックのバランスでミスなく釣ることができました。

 

過去のフィールドレポート記事中で掲載している製品は、
廃盤品として現在取り扱いを終了している場合がございますので予めご了承ください。