バス 礒野 恒二郎

魚探を見極めて、バスの動きを読むスリリングな釣りでドキドキを味わってきました。

皆さんこんにちは、フィールドテスターの礒野です。7月末に訪れた長野県野尻湖での釣行レポートをお送りします。

7月末のバスはシャローからディープまで湖中のどこにでもいる状態でした。
今回は8〜10mのディープに絞ってバスを追いかけてみました。

先ずは魚探でバスの動きを読んで、泳いで行くであろうその先にライトキャロライナリグを送り込みます。
待ち伏せ的に置いておいたワームをバスが見つけてくれるのを待つという、一見地味ですが実はなかなかスリリングな釣り方なのです。
湖底ではありますが、魚探でバスの動きを見ているので、「来るぞ、来るぞ…、キターッ!」というかなりのドキドキを味わうことができます。
この釣りで重要なのは、魚探を見極めて、バスの動きを読むことです。
バスの動きを読んで、バイトさせればスモールマウスバスの鋭い引きを楽しむことができます。


この釣りにはラインが湖底に触れているので根ズレに強く、そして、スモールマウスバス独特の細かく鋭い歯に負けない耐磨耗性に優れたラインが必要です。
私は VARIVAS ガノア アブソルート[フロロカーボン]の2.5ポンドを使っています。
それに伴い、フックはライトライン使用時でも確実にフックアップできるNogales デスロック ワイド(ULTRA FINE WIRE)#3です。
この2つはスモールマウスの釣りには欠かせないコンビとなっています。

これからの真夏のシーズンには今回とは違う展開の釣りが楽しめるので、また訪れたいと思います。

[使用タックル]
ロッド:6.8フィート
リール:2500番
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート[フロロカーボン]2.5ポンド
フック:Nogales デスロック ワイド(ULTRA FINE WIRE)#3
ルアー:FLASH UNION アバカスシャッド 2インチ