バス 柳浦 秀貴

アブソルートのフィネスフィッシングで早春の50UPゲット!

釣行日:2020年2月24日/島根県 宍道湖流入河川

皆さんこんにちは。VARIVASフィールドテスターの柳浦です。早春のビッグバスをゲットできましたのでレポートいたします。

最近はポカポカ陽気の日もあり、2月とは思えない気候が続いています。釣行日も最高気温15℃と、まるで春が来たかのような温かい一日でした。二日前には、まとまった雨が降りましたが2月にしては温かい雨でした。「これ!チャンス!」と思いフィールドに出掛けました。

というのも、この川はシャローエリアが多く、アングラーも多いフィールドだけに、雨による、ほどよい濁りは、フィッシングプレッシャーをリセットさせる効果もあり、プラス要因だと感じていたからです。また、水温低下は否めない状況だったので、水温が上がり出す正午からスタートし、より良い条件で釣りをする作戦でポイントに入りました。

ディープからシャロ―に上がるコンタクトポイント、リップラップの張り出しに絡むコボレ岩が私の狙いです。

周りのアングラーは春の定番、サスペンドシャッドのジャーキングや、シャッドテールでのマキマキと比較的強い釣り。フィッシングプレッシャーもかかっているし、いくら春の陽気といえども、まだ2月後半。バスは冬を引きずって、まだまだスローなのでは?が私の答えでした。

そこで活躍するのが冬~春のマストアイテムとなっている、「ガノア アブソルート 2.5ポンド + デスロック」を使用した1.2gダウンショットのフィネススタイル!
(この詳しいタックルセッティングは、前回のレポートで紹介しているので見てみてください。)

ルアーは、リップラップで見かけるエビを意識して、アバカスシャッド 2.8インチをチョイス。アクションは、エビのエスケープアクションをイメージして、ワンアクション後にダウンショットのリーダー分フリーフォールの繰り返しです。

そしてフォール中の微かな違和感を、高感度なアブソルートが捕らえました。やはりスローなのか重くなるだけのバイトでした。そして、一気にリップラップの岩に走られ、ボトムの石にラインが接触しましたが、流石、耐摩耗性AAAライン! アブソルート! 50upのビッグバスをキャッチすることができました。

オカッパリはランディングできる場所も限られますし、フィネスな釣りにはランディングネットの使用を強くお勧めします!

リップラップに擦られてブレイクしなかったアブソルートも素晴らしいですが、早春のついばむようなバイトを取れたのは、”掛けたら離さない”ノガレス・デスロックのおかげでもあります。低伸度のアブソルートとコンボすることにより、ビッグバスの硬い上顎に、100点満点のパーフェクトフッキング成功!

バーブまでしっかり貫通してるのでフックアウトのリスクは皆無です。

3月に入るとサスペンドシャッドなども良くなってくるはずですが、早春のスローな魚にはフィネスな釣りが有効です。ぜひ試してみてください。

[使用タックル]
ロッド: スピニング 510uuls-AS
ライン: VARIVAS ガノア アブソルート 12lb.
フック: Nogales デスロック #1/0
シンカー:Nogales TGグレネード ダウンショットシンカー 1.2g
ルアー: アバカスシャッド 2.8 inch
ウェア: VARIVAS フーデッドウインドジャケット(VAAW-24)