バス フィールドレポート

アブソルートCB(ナイロン)でカバークランキング!

皆さんこんにちは。フィールドテスターの柳浦です。

6月に入り、バスはスポーニングを終えアフター回復傾向の個体が増えてきました。とは言え、まだまだアグレッシブとまではいかず、カバーの中層にポカーンと浮いてヤル気なしな状態も多数。そんなバスをリアクションで反応させるためカバークランクでレイダウンを狙ってみました。
 
「クランクベイトやトップウォーターの浮力を生かすため、ラインはナイロンを選びたい。しかし、カバー際のため、強度が心配。」
 
そんな時は、アブソルートCB(ナイロン)です! バリバスのVEP素材は耐摩耗性が高く、カバークランキングに非常に適しています。レイダウンに浮いていたアフタースポーンのバスを遠目に発見していたので、ロングキャストでレイダウンに絡めてバイトに持ち込みました。
 
 

フロロカーボンラインに比べ、ナイロンラインは伸びがあるゆえ、遠距離でのフッキングは、通常より大きなストロークで鋭く合わせるか、ワンランク硬いロッドを使用するか、追い合わせを何度か入れてやることで、しっかりフッキングさせることが可能です。また、伸びがあるということは、バイトを弾かないので、フッキングミスを減らせるというメリットもありますね!

今回はクランクベイトに使用しましたが、トップウォーターやビッグベイト、チャターやスピナーベイトなどの巻物にも良いかと思います。是非使ってみてください(^^)/

[使用タックル]
ロッド:ベイト67MH
ライン:VARIVAS アブソルートCB ナイロン10lb.
ルアー:クランクベイト
ウェア:VARIVAS ドライフルジップパーカ VASS-06 ブラック
その他:PEにシュッ!

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ