バス フィールドレポート

モスキートダブルガードがもたらした一本!

みなさんこんにちは。フィールドテスターの柳浦です。

桜の花も咲き始めた3月31日。この日は三寒四温の寒にあたり、ミゾレ交じりの雨&爆風。前週20度近くあった気温も9度まで低下。爆風のフィールドでは体感温度5~7度程度と感じた非常に寒い一日でした。水中は春に近づいているものの、冷え込みの影響は多少あったと思われます。

というのは、前週の暖かい日にシャローの浮きゴミでデカバスを確認していましたが、この日は全く生命感なしでした。

一段下のブレイクをネコリグで探り、微かな違和感! 貴重なバイトでしたが活性が低くフッキングには至らず。急激な水温低下で、バスの状況&ポジション共に冬に逆戻り的な感じです。

流木、浮きゴミ等のカバー攻略を視野に入れ、モスキート ヘビーガードを使用したネコリグで釣っていましたが、次はフッキングさせることに重点をおいて、モスキート ダブルガードにフック変更し同じコースを釣っていくと!

またまた微かな違和感!!
今度はフッキング成功です!!

冷え込みにより差し戻した低活性な魚。ヘビーガードではフッキングに持ち込めませんでしたが、ダブルガードに変更したことが功を奏しました。

このダブルガード・・・通常は岩盤エリアでよく使用していますが、今回のようなフッキング重視の状況、更にボトムには枯れウィードがありノーガードのフックではストレスな状況。そんな状況では、絶妙のガード性能・フッキング性能を発揮してくれる「モスキート ダブルガード」を強くお勧めいたします。

また、写真の位置にフッキングすると、ラインがバスの歯と擦れてブレイクの危険が伴いますが、ザラザラになりながらもなんとか持ちこたえてくれたデッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター 4ポンド! 貴重なワンチャンスでヒヤヒヤせずに済みますよ。

春のショートバイト対策として、今回のようなフックセレクトを試してみてはいかがでしょうか(^-^)

[使用タックル]
ライン:ノガレス デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター 4LB.
フック:ノガレス モスキート ダブルガード #0
ルアー:フラッシュストレート 5.8(0.9g ネコリグ)
ウェア:バリバス フーデッド ウインドジャケット(VAAW-24)

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ