バス 柳浦 秀貴

フローティングスイムベイトでのラインセレクト!

皆さん、こんにちは。フィールドテスター柳浦です。

今年の夏は例年以上の酷暑です。水中もその影響をもろに受けている状態で、水温30℃と魚の活性も著しく下がっています。夏の朝マズメ、夕マズメといえばトップウォーターの釣り。最近流行りの羽物を取り入れてますが、チェイスはあってもバイトまでは至らず、反応は鈍い状況です。

そんな中、活躍したのがFLASHUNIONのユニオンスイマー! 水面まで出切らないバスを、水面直下で反応させる作戦です。スローリトリーブには興味を示すものの付いてくるだけ。そこで有効なテクニックが「ジャーク」です! 水面に浮いた状態から軽いジャークを入れて「ジュポッ!」のポップ音で魚を寄せて、ワンジャークでドーンっとバイト! 40アップ!!


羽物トッププラグを投げ倒してプレッシャーが掛ってるであろう状況でも、リアクションで反応させることができました。このジャーキングは、夏の高水温でダルくなった魚に特に有効なテクニックです。連続ジャークすると30~40cmほど潜りながらダートします。このテクニックを使用しウィード際をトレースすると、ウィードの中から飛び出してきてモンドリングバイト! 餌を沢山食べてるグッドコンディションの40クラスをキャッチ!


ライトリグだと子バスの餌食になるので、デカイ個体を選んで釣ることができるのもこの釣りの魅力です。不意のビッグバスに備え、ラインは14lb.を使いたいところですが、私の場合は飛距離と操作性を考慮して、Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト フロロカーボン 12lb.を使用します。

ユニオンスイマーの浮力を生かした釣り方、水面や水面直下をメインとしたい方は、Nogales デッド-オア-アライブ タフレックス ナイロンの使用をお勧めします。今回のようにジャークで潜らせ中層での使用がメインの釣りには、比重の高いフロロラインがルアーをサスペンドに近い状態で使用できます。ご自分のスタイルで是非試してみてください。

また、ユニオンスイマーにはノガレスのNogales ゼロフリクション トリプルフック #1が採用されています。ゼロフリクションコートでショートバイトもフッキングに持ち込めます。こちらの魚はリアクションで反応してミスバイトしたにも関わらず、触れただけで初期掛りし、魚が反転したことにより口の外側にフッキングして釣り上げることに成功しました。


この釣りはこれからの季節、さらに効果的な釣り方です。朝晩涼しくなってきて、魚の活性はさらに上向きになると思いますので是非お試しください。

[タックルデータ]
ロッド:ブラックウィドウ SH72MH-T
ライン:Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム パワースタウト フロロカーボン 12lb.
ルアー:ユニオンスイマー155(FLASHUNION)