バス 恵本 将文

快適!好調! スルーダウンショットリグ

こんにちは、フィールドテスターの恵本です。

最近の釣行ではスルーダウンショットリグ(以後スルダン)が活躍してくれています。ヘビーダウンショットリグ(以後ヘビダン)でなくスルダンを使う理由としては、

■ラインでリーダー分を取る必要がない。
■リーダーの長さの種類が豊富。


■ラインでリーダーを自作するのと違い、常に決まった長さのリーダーを使用できる。
■リングオフセットフックを使うことによりヘビダンの欠点である糸ヨレが軽減される。
■リーダーの長さを簡単にチェンジできる。
■スルダンは太くて張りがあるので、カバーを攻めて回収する時に自作したリーダーのようにカバーに絡みにくい。
■魚をキャッチした後にリーダーがくしゃくしゃにならない。

などなど…

通常のヘビダンに比べると沢山のメリットがあるからです。このスルダンでフラッシュユニオンのアバカスシャッド3.3inchを使い、エビを意識したアクションで着底したら素早くリフト! フォール後にバイトがなければシェイキングで誘ってステイ。底ベタで誘うテキサスリグと違い、リーダー分浮かせて誘うことができるので、シェイキングの際もルアーの動きがワイドになりアピールも増すと思います。

この日はボトムに近いところで誘うのにスルダン 6cm、グレネードシンカー 7gを使用しました。


岬周りだったり


カバーだったり


オーバーハングの奥だったり

根掛かりすることは稀で、どこでも安心して使うことができます。

別の日に娘もスルダン 6cm、グレネードシンカー 5gを使いバンク撃ちでチョンチョン(バンピング)させていると


そして

45cm、1,300gのナイスフィッシュ! アバカスシャッド 3.3inchのスルダン好調です。

さらに別の日に

この日は張り出した岬の6m付近の大岩が敷き詰めてあるところで、リーダー 6cm、7gのグレネードシンカーを使用したのですが、ルアーが石と石の間に入って目立たないのか? バイトが続きません。そこでリーダーを少し長い13cmに変えてシェイクしながらズル引いていると

長さはないけどエサをよく食べているグッドコンディションのバスや

長さのある回復傾向のバスが釣れてくれて楽しむことができました。

それから釣り仲間のガッツさんとレイラちゃんから、「ヘビダンで釣れた時にリーダーがくしゃくしゃになって次に投げる時に使い物にならないんだけどスルダンリーダーってどんな感じですか?」と質問があったので、まずは私の手持ちで試してもらいました。下の写真の動画の中で実際に使用した感想をいただきましたので、是非YouTubeでご覧になってください。

【YouTube】レイラ✨マジ❗️これいいかも⁉️ヘビダンにスルダン

よろしければチャンネル登録もお願いしますm(_ _)m

ヘビダンと比べてメリットの多いスルダン! 皆さんも是非ヘビダンを使用する際にスルダンをフィールドの状況に合わせ、リーダーの長さを変えながら試してみてください。スルダンが便利で、どこでも快適に使えることが分かっていただけると思います。

[タックルデータ]
■私
ロッド :66MH
リール :8.1:1
ライン :VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 12lb.
ルアー :フラッシュユニオン アバカスシャッド3.3インチ
フック :Nogales フッキングマスター リングオフセット #2/0
シンカー:Nogales グレネードシンカー 7g

■娘
ロッド :67ML
リール :8.1:1
ライン :VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 8lb.
ルアー :フラッシュユニオン アバカスシャッド3.3インチ
フック :Nogales フッキングマスター リングオフセット #2/0
シンカー:Nogales グレネードシンカー 5g