渓流 フィールドレポート

秋ヤマメ 初秋を迎えた神流川(上野村)

雨が続いた9月、一足先に秋を迎えた群馬県多野郡上野村を流れる「神流川・上野村漁協管内」に初秋を味わいながら、二日間釣行してきました。神流川は群馬県、埼玉県、長野県の境、三国山の北麓を源に流れる利根川水系の河川。

1日目は千葉県在住の釣友、原沢さんと上流中之沢の「毛ばり釣場」にチャレンジ。中之沢エリアはA~Hのエリアに分かれていて人数制限が有り、完全予約制なので先行者を気にせずノンビリと釣りができます。

詳しくは http://ueno-fc.com/hontani/hontaniflyarea.html にて確認下さい。

フライフィッシング、テンカラ以外はできないので、テンカラで挑戦。僕はGエリア、原沢さんはFエリアに入渓。木々が生い茂り、上野村の自然美を感じ、澄んだ水の流れ、雰囲気抜群の釣り場です。

7寸ヤマメが竿を絞る中、落ち込みの芯からのヒラキで形の良いヤマメのライズを発見。
「山鳥の逆さ毛ばり → ウイングスピナー → パラシュート」とローテーションを繰り返し、スレたヤマメはウイングスピナーにヒット! いつもの餌竿とは調子が違うので魚とのやり取りはヒヤヒヤで、悪戦苦闘・・・。何とかタモに入れたヤマメは薄っすら赤く染まった28cm。

その後、沈め気味にした逆さ毛ばりに、かなり大きなイワナがヒット!しかし岩の下に潜り込まれ、ハリ外れ・・残念。原沢さんも数匹の良型ヤマメを手にして楽しい釣行となった。


雰囲気抜群の流れに打ち込む原沢さん

神流川上野村漁協管内では、中之沢と本谷に、毛ばり釣場C&R区間が設けられていて釣り人を楽しませてくれる。
来シーズン、楽しんでみては如何でしょう。

2日目は埼玉からの釣友と合流し、渓流餌釣り。上野村楢原地区の上流から下流まで丹念に探ると、所々でイワナが顔を出してくれます。


7寸イワナ


8寸イワナ

何匹釣ったかカウントできないぐらい魚がヒットしてきます。

神流川は先週、大水が出ているので、大型魚が然るべきポイントに出てきているのでは!?と、考え大場所に移動。
一投目、打ち込んだ途端に小さなアタリ。しかし流れの強さにアワセが遅れて、掛からず・・。
二投目、同じレーンにピンポイント。対岸の男波に仕掛けが吸い込まれた途端、また小さなアタリ。今度はアワセが合い、魚が掛かった!

流芯に突っ込む魚を竿サバキで交わし、ガンガンの中から魚体を浮かせる・・
「40センチぐらいのイワナ!?」

魚の強さに負けないラインとハリ。プロステージ渓流エクストリーム0.8号にサクラサツキ2号。絶対に大丈夫と、思い切って勝負に出て二度目の突っ込みをかわす。大きな鼻曲がりの口を確認、「ヤマメだ!」と声が出てしまいました(笑) 三度目の突っ込みをかわし、タモ入れ。


神流川ヤマメの40cmオーバー!


緩い流れに寝かせ、体側に赤い婚姻色が出ている大ヤマメが、初秋を迎えた川面に映える。

毎年、2~4回、上野村に釣行しますが、念願の神流川での40cm。今期最後の群馬県内の釣行。最後の最後に良型に出会えたことを自然に感謝。冷え切った身体を帰り道にある温泉で温め、帰路に着きました。

神流川上野村管轄内は宿泊施設が近くにあり、泊まりでの釣行には便利。来シーズン、上野村の自然を感じては如何でしょう。

[上野村漁協]
http://ueno-fc.com/

[宿泊施設]
やまびこ荘、ヴィラせせらぎ 等
http://www.vill.ueno.gunma.jp/kanko/syukuhaku/

[当日のタックル]
竿(本流域):本流竿 8.5m
竿(源流域):渓流竿 3.4~5.4mズーム
道糸(本流域):VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[フロロカーボン]0.8 号9m
天上糸(源流域):VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[ナイロン]1号 1m
道糸(本流域):VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[フロロカーボン]0.6号 3m
ハリス(本流域):VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[フロロカーボン]0.8号 40cm
ハリス(源流域):VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[フロロカーボン]0.8号 25cm 
目印:VARIVAS エクセラ鮎 みえる目印 グリーン×2、オレンジ×1
オモリ:VARIVAS スーパーエコオモリ 2B、3B、4B
ハリ:VARIVAS サクラマス・サツキマス ブロンズ・艶消し赤 2号、GRAN 渓流 きじブドウ虫 2号共に外掛け枕結び 
餌:ミミズ2匹 通し掛けとチョン掛け

< 渓流 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ