その他 フィールドレポート

美しいレインボートラウト[群馬県渡良瀬川両毛漁協]

群馬県北西部では梅の花が満開となった3月21日、栃木県と群馬県の県境「皇海山 すかいさん」を源に流れる、渡良瀬川上流地区に釣行してきました。

早春のヤマメを中心に、数釣りを楽しもうと「プロステージ渓流 エクストリーム フロロカーボン 0.5号」で仕掛けを作り、竿を打ち込むこと2時間。放流直後で、連日のつり人からのプレッシャーで警戒した魚に見向きもされず・・・気になっていたポイントに移動です。
細いラインで新たに仕掛けを作ろうかと思ったのですが、魚の警戒心と勝負するよりは「自分の釣りに合った場所での一匹を!」と、人が入ることのできない、5~600m程の長い深瀞の最上流部の流れ込みに的を絞り、ナイロン1号の天上糸に「プロステージ本流 エクストリーム 1号」の道糸、「プロステージ渓流 エクストリーム フロロカーボン0.8号」のハリスの組み合わせで仕掛けを作り変えました。

流れ込みに打ち込むこと数分で小さなアタリが・・「来た!」・・と、思った瞬間に、大きな手ごたえが伝わり、アワセを入れたと同時に一気に下流に走り出し直ぐ様、竿で対応。

素早く軽やかに、重く伝わる手ごたえ。

走り回る魚に、立ち位置を変え魚に付いて行かなければ!と下流に走り、自分を有利にしてやり取りを繰り返し、何とか魚体を浮かせ顔を見てビックリ・・

厳つい鼻曲がりの顔、渋めの茶色の体に鮮やかなレッドバンド! タモに入れた魚は52cm、背っ張りな魚体の自然繁殖か稚魚から大きく育った(後日、漁協の組合長に確認)と思われる虹鱒、と言うよりは「レインボートラウト」(笑)大満足。ラインの結束強度、パワーも問題無し、ハリはしっかりと堅い口の付け根に入り込んでいました。

渡良瀬川両毛漁協の組合長の話によると、自然交配したワイルドなレインボートラウトが所々に生息している模様とのことです。ヤマメの数釣りにワイルドレインボー、楽しい釣り場と自然、良い製品、そして様々な命に感謝です。

渡良瀬川はキャッチ&リリース区間、釣法区域の設定があります、釣行前にHP等で確認することをお勧めいたします。

群馬県渡良瀬川「両毛漁業協同組合」
http://www.ryomo-fishing.com/index.html

[当日のタックル]
竿:本流竿8.5m
天上糸:ナイロン1号1.5m
道糸:VARIVAS プロステージ本流 エクストリーム フロロカーボン 1号 7.5m
ハリス:VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム フロロカーボン 0.8号 40cm(結束は共にオルブライトノット)
目印:VARIVAS みえる目印 グリーン×2、オレンジ×1
オモリ:VARIVAS スーパーエコオモリ 4B×1
ハリ:GRAN 渓流「きじブドウ虫」3号 (外掛け枕結び)

< その他 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ